<夢の専業主婦>【前編】貯金がいくらあったら専業主婦になれる?働くママのリアルな答えとは

0

2021年10月22日 17:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

年齢の話や家族計画の話、はたまた病気の話など、デリケートな話はなかなか身近な人には聞きにくいものではないでしょうか。そのなかでもお金の話は、とても仲のいい人に対しても話しづらいものかもしれませんね。しかし時にはよそのお宅の経済状況や貯金事情が気になってしまうものです。
『共働きの人に質問させてください。いくら貯金があれば専業主婦になろうと思いますか? とんでもない額ではなくて、現実的に「これくらいあれば専業主婦でも安心かな」と思える貯金額はいくらですか? 差し支えなければ子どもの人数と年収も参考にしたいです』
共働き家庭のママたちに対して「いくら貯金があったら安心して専業主婦になれると思いますか?」と質問を投げかけた投稿者さん。十分な金額の貯金があれば、お仕事を辞める方もいるでしょう。しかし「これだけあれば今後の生活は安心だ」と感じる金額は、人によってかなり差が出るのではないでしょうか。お子さんの人数や住んでいるところ、旦那さんの年収などいろいろな環境にも左右されそうですよね。さてママスタコミュニティのママたちは、どれくらいの貯金があれば働かずとも安心して生活することができると考えているのでしょうか?

目標金額をしっかり設定!安心な貯金額は?



ママたちが目標としている貯金額がいくらくらいなのか……気になるところですよね。それでは具体的な貯金額を教えてくれたママたちのコメントを見てみましょう。
『うちは旦那が年収1,000万円、私は300万円。子どもが2人いてどちらも中学受験するから、とりあえずざっくり2人分の学費貯金、1,200万円を貯め終わったらかな』
『子どもたちの大学費用1,000万円を2人分と、老後の費用として3,000万円と予備費として1,000万円。今現在で6,000万円の貯金があったらパートになる』
『2億円かな。私がこれから定年まで約25年働く分の給料と退職金、さらに厚生年金の減額分も考えると、そのくらいないと安心できない。子どもは2人、私の年収は500万円くらい。旦那の年収もだいたい同額』
『子どもは3人、年収は夫婦で700万円くらい。働きたくなくて専業主婦になりたいので真剣に試算したところ、貯金が1億円はないと厳しいという結果になってしまいました』
年収や環境によってかなり変動があるものの、それぞれの目標金額を教えてくれたママたち。子どもたちの学費や自分たちの老後のことを考えて金額を計算しているようですね。その結果「少なくとも1〜2億円は必要」と思っている方もいました。途方もない金額にも思えますが、今後まったく働かない生活のことを考えるとそのくらいのお金が必要だと判断されるご家庭もあるでしょう。いずれにしてもきちんと将来を見据えたママたちの堅実さがよくわかりますね。

目標を達成して専業主婦になった方も



貯金が目標金額に達したことをきっかけとして、実際に専業主婦になったママたちも現れました。
『新卒から20年以上勤めて子どもは2人。ローンは返済し終わって貯金が5,000万円を越えたところで仕事を辞めて念願の専業主婦に。旦那の年収は1000万円、コロナの影響はまったくなくむしろ増える予定。旦那に万が一のことがあっても、私は専門職なので元の職場に戻ることは可能』
『旦那の年収が2,000万円になった時点で専業主婦になりました。どんなにお金を使いまくっても月に80万以上は貯金しています』
目標金額までお金を貯めることができたり、旦那さんの年収が十分な金額になったと感じたところで専業主婦に転向した方もいるようですね。ひょっとしたら今までは専業主婦になることを最終目標にして、バリバリと働き続けていたのかもしれません。それまでしっかりと貯金をすることができたしっかり者のママたちならば、今後専業主婦になっても今までと同じように上手なやりくりができることでしょう。今後は専業主婦としての生活を存分に楽しんでほしいですね。

「どのくらいの貯金額があれば安心して専業主婦になれますか?」との質問を投げかけた投稿者さん。たしかによそのお宅のママがどのように考えているのか、ちょっと気になるところではありますよね……。ママたちからは「1,200万円くらい」「2億円は欲しい」など具体的な金額があがり、参考になった方もいたのではないでしょうか。なかには「それならば自分はお仕事を辞めても大丈夫かも?」と思ったママたちもいたかもしれませんね。

もちろん年収や環境、お子さんの人数や年齢によってそれぞれのご家庭で必要な金額は多少の違いがあることでしょう。いずれにしてもママたちは「仕事を辞めるならばきちんと貯めておかないと!」としっかりとした考えを持っていました。

後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定