「ルームシューズ」おすすめ5選 660円のグンゼ「おうちスリッポン」は名品すぎる〜【2021年10月版】

1

2021年10月22日 18:20  Fav-Log by ITmedia

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真グンゼ(GUNZE)「ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)」(出典:Amazon)
グンゼ(GUNZE)「ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)」(出典:Amazon)

 家の中でも足下がひんやりする季節になってきました。とくにフローリングの場合は、床自体がひんやりするのでルームシューズを使いたくなりますよね。

【その他の画像】

 ルームシューズの形や素材はさまざまです。使い勝手や履き心地などを考えて選んでいきたいものですよね。

 そこで今回は、足下の冷えを解消してくれる「ルームシューズ」を紹介します。

●スリッパやシューズタイプは脱ぎやすい

 家の中にいても、ルームシューズを脱いだり履いたりすることがあります。例えば、トレイではトイレ専用のスリッパに履き替える人も多いですよね。

 着脱の回数が多い場合は、脱ぎやすさや履きやすさが重要になります。そのためシューズタイプやスリッパタイプがおすすめです。

●暖かさ重視ならブーツタイプ

 着脱のしやすさより暖かさを重視するのであれば、足首まですっぽりと包んでくれるブーツタイプが良いでしょう。

 スーッとした足下の冷たい空気もシャットアウトしてくれます。高さがあるため脱ぎにくくはなりますが、足下の暖かさは格別です。

●滑り止めがあると安心

 床がフローリング場合、ルームシューズを履いているとすべってしまうことがあります。

 とくに階段は気をつけたい場所です。家の作りや床の素材に合わせて滑り止めがあるのを選ぶのも良さそうです。またルームシューズが足のサイズに合っていないと脱げやすくなり、バランスを崩して転倒してしまうこともあります。自分の足に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

●足下ヒンヤリを解消! おすすめの「ルームシューズ」5選

着脱しやすい Mannpo「ルームシューズ」

 Mannpo「ルームシューズ」は着脱しやすいスリッパタイプです。家の中でもルームシューズを脱ぐ機会が多いなら、スリッパタイプがおすすめです。

 メモリスポンジのためクッション性があり柔らかい履き心地です。また足が触れる部分はボアのような素材になっているので、素足で履いても暖かく感じるでしょう。

 ソールはゴムで滑り止めの効果もあります。サイズは23〜28.5cmまで。「小さめ」とのレビューが多いので、1〜2cm程度大きなサイズを選ぶのが良さそうです。価格は2000円前後です。

内側フリースが暖かい〜 グンゼ(GUNZE)「ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)」

 グンゼ(GUNZE)「ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)」は、内側がフリース素材になっているので足元を暖かくしてくれます。またスリッポンタイプなので、かかとまでしっかりカバーします。ただ脱ぎにくさはさほどありません。

 また足底は防水滑り止め生地のため、フローリングでも滑りにくくなっています。サイズは25〜27cm。価格は660円前後です。汚れたり匂いが気になっても手洗いができるので衛生的です。

 サイズ23〜25cmのレディースはこちら!

掃除もできる! レック(LEC)「激落ちくん おそうじバブーシュ」

 ルームシューズを履きながら掃除もできるのが、レック(LEC)「激落ちくん おそうじバブーシュ」です。底にマイクロファイバーが付いているので、家の中を歩き回るだけで細かいほこりなどを吸着します。

 また超極細繊維で吸水力も高く、キッチンなどでこぼれた水もサッと拭き取れます。調理中に床がぬれても屈んで拭かなくて良いので便利ですよね。また丸洗いが可能です。

 サイズは22〜25cmに対応するMと、25〜27cm対応のLがあります。価格は、Mサイズが800円前後。Lサイズが950円前後となります。

足首まで暖かい Rilobi「ルームブーツ」

 足首まですっぽりと包んでくれるのが、Rilobi「ルームブーツ」です。素材は極細のマイクロミンクファ一で空気をたくさん含むため、暖かさを保ちます。

 ブーツタイプは脱ぎにくさがありますが、Rilobi「ルームブーツ」は脱ぎ履きしやすいように口が広めになっています。

 足裏はPVC素材のため滑りにくく、フローリングでも安心です。洗濯機で洗うことができるので、清潔に保てますね。サイズは22.5〜24cm対応のM、24.5〜26cm対応のL、26.5〜27.5cm対応のXLです。価格は2100円前後となっています。

まるでこたつ! コイズミ「電気足温器 左右分離タイプ」

 コイズミの「電気足温器 左右分離タイプ」は、椅子や床に座っている時に足を温めてくれるアイテムです。デスクワークや食事中、寝る前にソファーでゆっくりする時などに活躍します。

 左右分離タイプなので足の動きには余裕がありますが、コードがついているので歩き回ると絡んでしまう可能性があります。また怪我の恐れもあるので、座って使うようにしましょう。汚れた場合は、プラグとカバーを外せば自宅で洗うことができます。

 足のサイズは28cmまで対応しています。スイッチを入れてから8時間で自動的に電源がオフになるタイマーが付いているので、電気を入れたままになることはありません。価格は7600円前後です。

    ニュース設定