アメリカGP FP1:メルセデスが1-2。フェルスタッペンが3番手、COTA初走行の角田は18番手

1

2021年10月23日 03:21  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第17戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第17戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
 2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは7番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は18番手となっている。

 新型コロナウイルスの影響で、2年ぶりの開催となったアメリカGP。今年のオースティンは、かなり暑い。初日の天候は快晴。FP1開始の現地時間午前11時30分の時点で、気温はすでに27度まで上がっているが、路面温度は31.6度とまだ比較的低い。

 開始直後の11時32分、裏ストレート走行中のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に「マシンを止めろ」とアルピーヌのピットから指示が飛び、ターン12のコース脇にストップ。マシンフロントの下部から液体が漏れているのが見える。これでセッションは、9分間の赤旗中断となった。

 再開後も路面グリップは決して高くないようで、キミ・ライコネン(アルファロメオ)やダニエル・リカルド(マクラーレン)らがターン9でトラックリミットを越え、タイムを抹消された。さらに開始後19分には、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が高速S字のターン4〜5でスピン、コースオフ。しかし何とか自力で復帰した。

 今回ピレリはC2、C3、C4という中間の固さのコンパウンドを供給。これは2019年と同じスペックだが、2年ぶりの走行、さらに気温が前回より明らかに高いこともあって、各チームはタイヤの性能限界の見極めにやや手こずっている印象だ。角田、ルイス・ハミルトン(メルセデス)らが、セッションの早い段階からリヤタイヤのオーバーヒートを訴えている。

 セッション中盤の時点で、トップはソフトタイヤで1分36秒381を出したハミルトン。2番手ルクレールも同じくソフトを履いている。3番手ペレスはハミルトンからコンマ4秒落ちだが、最も固いハードタイヤだ。そしてソフト装着のフェルスタッペンが開始後35分に、ハミルトンをコンマ3秒しのいで首位に立った。アルファタウリ勢はこの時点で、ガスリー13番手、角田はチームメイトからコンマ4秒落ちの15番手。ただしガスリーがソフトなのに対し、角田はミディアムタイヤでのタイムだ。

 終了20分前、2セット目のソフトに履き替えたハミルトンが、1分35秒096で首位を奪い返した。直後にはボッタスが1分34秒874ではじめてトップに立った。チェッカー直前にはペレスがミック・シューマッハー(ハース)と接触、直後にはライコネンも単独スピンを喫するなどしたが、いずれも大きなダメージはなかった。

 FP1はメルセデスが1-2。3番手にはフェルスタッペンがつけたが、ボッタスにコンマ9秒以上の大差をつけられている。4、5番手にはルクレール、カルロス・サインツのフェラーリ勢がつけた。6番手ガスリー、ペレスは7番手だが、終始ハードで走り続けた。角田は18番手だった。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定