マツコ・デラックス、SKY-HIの独創性を指摘「やっぱりヤバイ」 BE:FIRSTの素顔にも迫る

0

2021年10月23日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真23日放送『マツコ会議』に出演するマツコ・デラックス、SKY-HI (C)日本テレビ
23日放送『マツコ会議』に出演するマツコ・デラックス、SKY-HI (C)日本テレビ
 ラッパー/ソングライターのSKY-HI(日高光啓)が、23日放送の日本テレビ系『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演する。ボーイズグループ発掘オーディション『THE FIRST』を主催し、7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTを誕生させたSKY-HIは「このままだと日本から良質なダンス・ボーカルグループが生まれなくなるという危機感を感じていました」と経緯を語る。

【写真】SKY-HI新アルバム『八面六臂』に参加したSHOTA&REIKO

 企画したオーディションは、2ヶ月におよぶ合宿を含めた1年がかりのもので、歌やダンスの基礎能力からステージでの表現力まであらゆる能力が問われた。そして、そのすべての審査をSKY-HIが1人で実施。このオーディションを勝ち抜いたメンバーで結成したBE:FIRSTは、いよいよ11月3日デビューすることが決定。プレデビュー曲の「Shining One」のミュージックビデオは、再生数が1800万回を超えている。

 そんな敏腕プロデューサー・SKY-HIについて、マツコは「稀代のプロデューサーみたいな扱いだけど、最初は『こいつ、ヤバイわ』って思ってたけど、やっぱりヤバイからすごくなったのよ」と、たぐいまれな独創性を指摘する。

 SKY-HI自身も、「僕もヤバイなと思う。でも、今までの当たり前の方がヤバくて、暗黙のルールとか慣例とか。普通に真っ当なことを真っ当にやると、結局ヤバイ人になるってことかなと思います」と分析する。そのほかBE:FIRSTも登場し、マツコがメンバーの素顔に迫るなど、SKY-HIの活動をマツコが深掘りしていく。
    ニュース設定