ソフトバンク、CS逃し日本シリーズ5連覇ならず…シーズン負け越しは13年ぶり

106

2021年10月23日 17:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ソフトバンクの工藤公康監督
ソフトバンクの工藤公康監督
○ 楽天 8 − 1 ソフトバンク ●
<24回戦・楽天生命パーク>

 4位のソフトバンクは敵地で大敗。8年ぶりのBクラスと13年ぶりのシーズン負け越しが決まった。

 ソフトバンクは先発の東浜が3回途中4失点(自責点1)でノックアウト。打線は再三の好機を生かせず、5番・デスパイネの10号ソロによる1点のみに終わった。リリーフ陣も失点を重ね敵地で大敗。東浜は4敗目(4勝)を喫した。

 就任7年目の工藤監督にとってBクラスフィニッシュは初めて。CS進出を逃し、日本シリーズ5連覇の夢は絶たれた。8年前の4位は73勝69敗2分けだったが、今年は残り2試合を残し借金4。シーズン負け越しは64勝77敗3分けで最下位に終わった2008年シーズン以来、13年ぶりとなった。

このニュースに関するつぶやき

  • 楽天GJ!アンチソフトバンクとしては最高の結果。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • エース、4番、セットアッパー、抑えが離脱しグラシアルは最後まで帰って来ず。。勝ちパターンの投手の起用も今年の工藤はことごとく裏目に出てたからね。。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(58件)

ニュース設定