歯痒い思いをしていた嵯峨宏紀「31号車が本来いるべき位置に戻ってきた」【第6戦GT300予選会見】

0

2021年10月23日 19:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真中山友貴/金曽裕人監督/嵯峨宏紀(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)
中山友貴/金曽裕人監督/嵯峨宏紀(TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT)
 オートポリスで開催されている2021スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』。10月23日の午後に行われたGT300クラス公式予選を終え、ポールポジションを獲得した31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀と中山友貴が予選を振り返り、明日の決勝レースへの展望を語った。

中山友貴
Q1担当/ベストタイム:1'42.687

「今の気持ちとしては率直に、非常にうれしいです。今シーズンは順調に(クルマの)開発も進み、スピードも上がってきてはいたのですが、BoP(バランス・オブ・パフォーマンス)の変更など、いろいろうまくいくこと、うまくいかないことも含め、レースウイークのサーキットで非常に苦労している場面が多かったので、このオートポリスでも厳しい戦いになるのかなという予想もありました。ですが、ポールポジションが獲れたということは、自分もQ1を走らせて貰い、Q1トップの流れをうまく嵯峨選手が繋げてくれたというのが、非常に大きな結果を残せたという意味で良かったなと思います」

「その流れ(苦しい流れ)のなかで言うと、思ったより良かったなという印象がありますが、このレースに入る前にテスト走行があり、自分のなかのハイブリッドプリウスへの理解度を高めるという作業をしていくうえで、気になる部分もいろいろとチームに打ち明けたりしながら、そのあたりもテストで結構解消できました。それが今回の結果にも繋がっていると思いますし、そのあたりが自分の自信にも繋がり、非常に良い一日だったなと思います」

「マシンの問題を解決してきたなかで、昨シーズンにポールポジションを獲得したときは、その問題を抱えたなかでも『一発の速さは出てきたね』というクルマでした。ですが、いま僕たちがポールポジションを獲得したクルマは決勝に強く、かつ予選も速くなっていると思います」

「オートポリスは2年ぶりの開催なので決勝レースは荒れるかもしれないですし、どういった展開になるかは分かりませんが、そのなかでクルマとしてのポテンシャルは上がっていると感じているので、謙虚にふたりで頑張りながら、高いところ、少しでも前でゴールできるように最後まで頑張って走りたいと思うので、応援よろしくお願いします」

嵯峨宏紀
Q2担当/ベストタイム:1'42.039

「今シーズンは開幕から頑張っていましたが、なかなか結果に繋がらず本当に歯がゆい思いでした。何をやっても解消しないという問題があったのですが、それがようやく、このインターバルの間にテストを行い、そこで『もしかしてこれか?』というところが少し見つかりました」

「それはハイブリッドの部分なのですが、その部分が解消したことでようやく普通のクルマに戻ることができたので、31号車が本来いるべき位置に戻ってきたという部分では、すごく良かったと思います」

「Q1では、中山選手が僕の思っていた以上のすごいタイムを出してくれて、いつもの予選よりも緊張して行った結果、セクター1はうまくまとまりませんでした。もし、まとまっていれば夢の41秒台だったと思いますが、そこはご愛嬌ということで許して頂き、明日に向けていろいろと調整していきたいと思います」

「明日の決勝は一番良い位置からスタートできます。選択したタイヤも決勝に向けたタイヤを選んでいるので良いかなとは思いますが、ネガティブな部分がまったくないわけではないので、今日の夜から明日に向けてチューニングしていかないと行けない部分もあります」

「ですが、できる限りの準備をしてポイントだけは絶対に獲りたいと思います。本当に1年間ずっとノーポイントで来ているので『なんとかポイントだけは獲らさせてください』という謙虚な思いでいきたいと思います」
    ニュース設定