シュールかわいい「江戸時代に描かれた犬」のグッズが登場 そのセクシーポーズは一体何!?

0

2021年10月23日 19:17  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真フェリシモミュージアム部によるわんこのアイテム
フェリシモミュージアム部によるわんこのアイテム

 フェリシモの展開する「フェリシモミュージアム部」より、江戸時代の美術作品に登場するユニークなわんこがグッズ化。10月21日に販売が開始しました。



【画像】江戸時代に描かれた「セクシーポーズ犬」



 フェリシモミュージアム部は、アートへの愛やミュージアムの楽しみを共有し合いたいという思いから発足したブランドです。新作として追加した「芦雪犬ペンポーチ」「芳中犬ポーチ」「仙がい犬パスケース(※)」は、どれも江戸時代の紙本墨画などに登場する犬をモチーフにしています。



※編注:「がい」は「厂+圭」



●「芦雪犬ペンポーチ」



 「芦雪犬ペンポーチ」(2310円)は「白象黒牛図屏風」に描かれている白い犬をモチーフにしたペンポーチ。後ろ側にファスナーが付いていて、ペンなどの文具やコスメなどの小物が入れられます。



 サイズは両手に乗せられるくらいの大きさで、妙に悩ましい脚も立体的に再現しています。手に乗せると、もちもちなさわり心地がするそうです。



●「芳中犬ポーチ」



 「芳中犬ポーチ」(2090円)は中村芳中の作品、「光琳画譜」の「仔犬」をモチーフにしたポーチです。こちらも背中にファスナーが付いており、ちょっとしたコスメなどの小物を入れられます。またボディーはコロコロとカワイイ姿をしています。



●「仙がい犬パスケース」



 「仙がい犬パスケース」(2310円)は、仙がい義梵によってほぼ一筆描きで描かれた禅画「犬図」をモチーフにしたパスケースです。簡単に伸ばせるリールも付いており、カードケース面には、原画に描かれた「きゃふんきゃふん」の刺繍が入っています。


    ニュース設定