「生きてるかと思った!」「見れば見るほどすごい」 リアルすぎる「陶器のカニ」に驚きと称賛の声が殺到

2

2021年10月23日 20:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真青いワタリガニ
青いワタリガニ

 焼き物の青いワタリガニがTwitterに投稿され、「細かいところまでリアル」「生きてるみたい」と話題になっています。



【画像:陶器のカニ】



 片手でやっと持てる位のワタリガニは緑がかった青色。場所によって色の濃淡が使い分けてあり、よく見ると細かい貫入(ヒビのような模様)が入っています。



 胴体は丸みを帯びた“ひし形”で左右の大きなハサミやそれぞれの脚、遊泳脚(一番下の平たい部分)までリアルな造形。細かい突起やギザギザも丁寧に再現されており、これが焼き物でできているとは信じられません。



 このカニを作ったのは陶芸作家の岡村悠紀さん。以前、関節が動く「青いタラバガニ」も話題になりました。



 リプライ欄には「本体(甲羅)の釉薬が深浅あって美しいですね。貫入の表情もすばらしい」「焼き物だなんて信じられない!よくサイズが合いますね」「陶器の質感がワタリガニに命を吹き込んでいる」などのコメントや、「おいしそう」「だしが出そう」といった感想が寄せられています。



 今回の「青いワタリガニ」は、10月24日まで東京都文京区のギャラリーマルヒで開催される個展「 蟹工 II〜陶製自在置物〜 」に展示するために作った作品とのこと。岡村さんのTwitterでは、製作途中の画像や実際に動かした様子なども公開されています。



画像提供:岡村悠紀(@0kam)さん


このニュースに関するつぶやき

  • ���եȥ��꡼��「細かいところまでリアル」「生きてるみたい」🦇��
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ���եȥ��꡼��「細かいところまでリアル」「生きてるみたい」🦇��
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

ニュース設定