アンジュルム・佐々木莉佳子、櫻坂46・田村保乃と“あざと共演”「切磋琢磨して頑張っていきたい」

3

2021年10月23日 21:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』に出演する佐々木莉佳子(C)テレビ朝日
『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』に出演する佐々木莉佳子(C)テレビ朝日
 アイドルグループ・アンジュルムのメンバー・佐々木莉佳子(20)が、テレビ朝日系バラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55)の人気企画「あざと連ドラ」第3弾に出演。この全話を振り返る『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』が「TELASA」で独占配信されるにあたり、ORICON NEWSなどの取材に応じた。

【写真】1番の“あざと女子”は? トークを繰り広げるシェアハウスメンバー

 美女4人のシェアハウス生活に恋愛を絡めて描いた「あざと連ドラ」第3弾『あざとくないと恋は出来ない?』。佐々木は“あざとさとは無縁で恋愛にトラウマがある男勝り女子”伊瀬杏里役を演じた。「テレビで演技をするのは初めて」で、「探り探りではあったけれど、刺激をいただきながら久しぶりに自分の演技と向き合う時間になった」と充実感をにじませた。

 オーディションで出演を勝ちとり、佐々木は「演技がずっとやりたいなと思っていたので、このお仕事はめちゃくちゃうれしかった。ふだんは歌って踊ってでファンの心を動かすけれど、演技の方でも可能性を広げたいと欲が出てきました」とにっこり。また、同じアイドルの田村保乃(櫻坂46)と共演し、「切磋琢磨して頑張っていきたい」とエールを交換。さらに、田村がセンターを務める「流れ弾」に触れ、「かっこいい!」と絶賛した。

 演技面だけでなく、佐々木はドラマを通して「“あざとい”の視点が変わった。マイナスに考えがちだけど、すごく必要なものだなと思った」と多くの刺激を受けたよう。アンジュルムでは「(あざといことを)やられる側なんですよ。メンバーといると、腕を組まれたりして、かわいいなとキュンとします」と明かしながら、自身の“あざとテク”にも触れ、「私は思ったことすぐ言うタイプ。愛してる、好きとか。こびてないところが“あざとさ”かな?」と照れ笑いを浮かべていた。

 きょう23日放送の『あざとくて何が悪いの?』で「あざと連ドラ」第3弾(全6話)が最終回を迎え、動画配信サービス「TELASA」では『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』が配信スタート。キャストとゲスト(吉村崇、DJ松永、夏菜)がドラマを鑑賞しながら言いたい放題語り合う。前編はきょう午後10時25分から、後編は27日から配信される。
    ニュース設定