櫻坂46・田村保乃が明かす“あざと女子”は井上梨名 自身のテクは「相手の目をめっちゃ見ちゃう」

0

2021年10月23日 21:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』に出演する田村保乃(C)テレビ朝日
『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』に出演する田村保乃(C)テレビ朝日
 櫻坂46のメンバー・田村保乃(23)が、テレビ朝日系バラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55)の人気企画「あざと連ドラ」第3弾に出演。この全話を振り返る『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』が「TELASA」で独占配信されるにあたり、ORICON NEWSなどの取材に応じた。

【写真】1番の”あざと女子”は? トーク”を繰り広げるシェアハウスメンバー

 
 美女4人のシェアハウス生活を描いた「あざと連ドラ」第3弾『あざとくないと恋は出来ない?』。田村は“あざとさを使って結婚したい完璧女子”持田祥子役を演じ、「連ドラみたいなものに出演するのは初めてでドキドキしていたけれど、皆さんが優しくしていただいて、貴重な経験をさせていただいた」と振り返る。劇中では“あざとい”恋愛ストーリーが展開されたが、「人によって(あざとさの)見方はそれぞれ違うんだななんだなと」と人生勉強にもなったよう。

 プライベートで見つけた“あざとい”出来事を聞かれると、櫻坂46メンバーを示唆して「〇〇しよ!とか、かわいらしい独り言が多くて、とにかく女の子らしい子がいるんです」とぽろり。その“あざと女子”は「井上梨名です(笑)」と明かし、グループの仲の良さを見せた。また、自身の“あざとテク”について、「他人の話を聞くときに目をめっちゃ見ちゃう。びっくりすると言われることもある」と照れ笑い。

 「あざと連ドラ」第1弾では乃木坂46の山下美月が出演し、女優として飛躍するきっかけに。田村も今作が「自分にとって大きなきっかけになったと思う。普段は心を開くのが上手じゃないけれど、演じることってこんなに楽しいんだなと。もっと演技を学んでいきたい」と力をこめた。さらに、ちょうど取材日が23歳の誕生日で共演者から祝福を受け、「もっとファンの皆さんに喜んでいただけるよう頑張っていきたい」と感謝でいっぱいだった。

 きょう23日放送の『あざとくて何が悪いの?』で「あざと連ドラ」第3弾(全6話)が最終回を迎え、動画配信サービス「TELASA」では『あざと連ドラ TELASA 完全版スペシャル』が配信スタート。キャスト(紺野彩夏、田村、鈴木ゆうか、佐々木莉佳子)とゲスト(吉村崇、DJ松永、夏菜)がドラマを鑑賞しながら言いたい放題語り合う。前編はきょう午後10時25分から、後編は27日から配信される。
    ニュース設定