道端の「黒い袋」を持ち帰った呪い……? 毎晩恐ろしい夢を見るようになった人の体験談漫画

2

2021年10月23日 21:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「かえせ」と訴える老人の夢……。
「かえせ」と訴える老人の夢……。

 誰かが本当に体験した「実話怪談」からは、誰かを怖がらせるために作られた創作怪談とは一味違う、実体験だからこその「すごみ」のようなものが感じられるもの。今回ご紹介する作品も、そんな実話怪談。ある男性が中学生のときに体験したお話です。



【画像】漫画を読む



 作者はしろやぎ秋吾さん。本作品のような「誰かが体験した、本当にあった怖い話の漫画」を多数収録した単行本『フォロワーさんの本当にあった怖い話(双葉社)』を、10月に刊行したばかりです。



 ある日のこと、男性は学校の帰り道に“黒い袋”が落ちているのを見つけます。男性はそれを拾うと部屋へ持ち帰り、ベッドの下の引き出しにしまい込んだそうです。



 その日の夜、男性は金縛りに遭い、いつしか夢を見始めたといいます。夢の中で男性は、川の上を走る電車に乗っており、乗り合わせているのはおじいさんが1人だけ。



 いつしか電車は駅に到着し、男性は下車しようとするのですが、おじいさんはその腕をガッチリとつかみます。そしておじいさんは何かをつぶやき……それと同時に男性は目を覚ますのでした。



 次の日の夜、男性は同じ夢を見ていました。電車から慌てて逃げ出そうとする男性でしたが、やはり腕をガッチリと捕まれ、おじいさんは何かを訴えており……そこで目を覚まします。



 ここで男性は、おじいさんが「かえせ」と言っているのでは、と気が付きます。さらには黒い袋がしまってある、ベッドの下の引き出しが少しだけ開いているではありませんか。



 黒い袋と夢が関係しているのでは……そう思った男性は、近所のお寺のおしょうさんに相談します。黒い袋に心当たりがある、というおしょうさんは、次の日にそれを供養しようと提案するのでした。そして男性はその日の夜も、また金縛りに遭うのですが……。



 男性が持ち帰ってしまった「黒い袋」とは一体なんなのか。そしておしょうさんの「心当たり」とは。夢の中で男性は、「かえせ」と迫るおじいさんに、どのような対応を取るのか。気になる展開と想定外の結末は、漫画を読み進めてお確かめください。



作品提供:しろやぎ秋吾(@siroyagishugo/しろやぎの漫画おおめブログ)さん



記事:たけしな竜美(@t23_tksn)


このニュースに関するつぶやき

  • …只の嘘松だろ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • まあ、大体の予想はつくよなあ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定