風船が床に落ちないようにひたすら打ち合うスポーツがめっちゃ楽しそう ジェラール・ピケ選手らが大会を開催

35

2021年10月23日 21:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真リビング風の会場で風船を打ち合う競技
リビング風の会場で風船を打ち合う競技

 風船が床に落ちないように打ち合う競技「バルーンワールドカップ」がスペインで開催され、「おもしろそうだ」と話題になっています。



【動画】試合の様子を見る



 ソファーや机を置いて一般的な家庭のリビングを再現した舞台に、車やアーケードゲーム機などを設置。選手たちが風船をたたくために、狭いすきまを走りまわります。



 風船がたたかれる度に舞台のあちこちへ飛び回り、ゆっくりと床に落ちていくため、バレーボールやバドミントンをスローモーションで見ているような緊張感が伝わってきます。Twitterでは「多分人生で初めてスポーツしてみたいって思ったわ」といった感想や「車メーカーがスポンサーになってくれたら即成立するのが興行的に強い」「スタジアムスポンサーみたいな感じでニトリ杯、無印杯、IKEA杯なんてあったら良いですね」など日本でも開催してしまいそうな具体案まで飛び交っています。



 CNNによると「バルーンワールドカップ」は、リビングで風船をたたいて遊ぶ動画がTikTokで注目を集めたことが開催のきっかけ。最初は地面に当たったかどうかで口論になり、結果を確認するために動画を撮影。白熱した遊びの様子を投稿したところ、動画には100万以上の高評価が集まったといいます。



 動画の人気を受けてFCバルセロナのジェラール・ピケ選手などが企画し、スペインで第1回バルーンワールドカップが開催されました。コートの広さは8×8メートル、風船を上向きに打ち、地面に触れるのを防ぐことができれば得点となります。参加チームは32カ国となり、最初の動画を投稿したアレドンド兄弟もアメリカの選手として参加しました。



画像はBalloon World Cupから


このニュースに関するつぶやき

  • 風船に『当選』って書いて立候補同士で落ちない様に打ちあっては如何?φ(・ω・`)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 老人ホームとかでのリハビリでよくやりますけどね(^_^;)
    • イイネ!15
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定