レッドブル・ホンダのペレスが最速。アロンソはPU交換【タイム結果】F1第17戦アメリカGPフリー走行3回目

0

2021年10月24日 04:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第17戦アメリカGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第17戦アメリカGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1第17戦アメリカGPのフリー走行3回目が行われ、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは8番手、角田裕毅は18番手となっている。

 アルピーヌは、フェルナンド・アロンソがパワーユニットのエレメントを交換したことを発表した。ICE、TC、MGU-H、MGU-Kが4基目、ES、CEが3基目、エキゾーストが9基目となっている。気温28度、路面温度37度というドライコンディションで、現地時間13時にセッションがスタートした。

 開始から10分ほどすると徐々にコース上のマシンも増え始め、まずはルイス・ハミルトン(メルセデス)がソフトタイヤで1分35秒814を記録した。レッドブル・ホンダはペレスが1分35秒633でハミルトンのタイムを上回る。再びハミルトンがトップに浮上するも、ようやくコースインしたフェルスタッペンが1分35秒207というトップタイムをマークした。その後ペレスが2番手に浮上し、レッドブルが一時上位を独占。3番手にはハミルトン、4、5番手にはフェラーリ勢が続く。

 ガスリーはミディアムタイヤで走行を重ねるも、ターン9でのトラックリミット違反でタイムを取り消され、14番手でセッションの折り返しを迎える。角田はこの時点で1分36秒572をマークして8番手だ。フェルスタッペンはさらにタイムを縮め、1分34秒912を記録している。

 トラックリミットでタイムを抹消されたボッタスは、セッション後半に1分34秒912と2番手タイムをマーク。フェラーリのカルロス・サインツが1分34秒805で全体トップに浮上、ランド・ノリス(マクラーレン)はサインツからコンマ1秒差の3番手に。さらに今度はペレスがサインツを上回ってトップに立つなど、セッション後半に入り多くのドライバーが自己ベストタイムを更新した。終盤にはフェルスタッペンやハミルトンがペレスを上回るも、それぞれターン19、ターン9のトラックリミット違反でタイムは抹消された。

 このFP3ではほとんどのドライバーがソフトタイヤで走行し、予選やレースに向けてハードタイヤとミディアムタイヤを温存したようだ。ペレスがトップのままセッションは終了し、サインツが2番手、フェルスタッペンが3番手に。4番手以下ノリス、ボッタス、ハミルトン、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、ガスリー、ルクレール、エステバン・オコン(アルピーヌ)というトップ10となった。角田は18番手となっている。

■2021年F1第17戦アメリカGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps111S.ペレスレッドブル・ホンダ1’34.70113255C.サインツJr.フェラーリ1’34.80516333M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’34.9121344L.ノリスマクラーレン1’34.94513577V.ボッタスメルセデス1’34.98815644L.ハミルトンメルセデス1’35.2191673D.リカルドマクラーレン1’35.34511810P.ガスリーアルファタウリ・ホンダ1’35.39817916C.ルクレールフェラーリ1’35.688171031E.オコンアルピーヌ1’35.71110115S.ベッテルアストンマーティン1’35.851181263G.ラッセルウイリアムズ1’36.0239137K.ライコネンアルファロメオ1’36.06220146N.ラティフィウイリアムズ1’36.11881599A.ジョビナッツィアルファロメオ1’36.252161618L.ストロールアストンマーティン1’36.392131714F.アロンソアルピーヌ1’36.49021822角田裕毅アルファタウリ・ホンダ1’36.572161947M.シューマッハーハース1’36.67115209N.マゼピンハース2’03.45615

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定