“4児のママ”辻希美「本当に夢のようでした」 「ジャンケントレイン」登場へ

62

2021年10月24日 06:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真31日放送『GO!GO!チャギントン』に出演する(左から)つるの剛士、辻希美(C)フジテレビ
31日放送『GO!GO!チャギントン』に出演する(左から)つるの剛士、辻希美(C)フジテレビ
 タレントの辻希美が、10月31日放送のフジテレビアニメ『GO!GO!チャギントン』(毎週日曜 前6:15〜)のエンディングコーナー「ジャンケントレイン」にゲストで出演することが決定した。同コーナーにゲストが出演するのは、番組の放送開始以来初。また、辻が子ども番組に出演するのは久しぶりとなる。

【番組ショット】ジャンケントレインダンスを踊る!つるの剛士&辻希美

 辻は、現在4人の子育ての傍らで、2019年に自身のYouTubeチャンネルを開設。昨年からは、子どもブランド『Ange Charme』のプロデュースも手がけている。日頃より子供と一緒に『GO!GO!チャギントン』のDVDを鑑賞しており、「ジャンケントレイン」を息子と踊る動画をYouTubeチャンネルでも投稿。その投稿がきっかけで、今回のゲスト出演が実現した。

 撮影現場では番組ナビゲーターのつるの剛士と“子だくさんトーク”で盛り上がる場面も。そして、つるのと一緒にグーチョキパーの手ぶりを練習するなど、和気あいあいとした撮影となった。

 「ジャンケントレイン」コーナーへの出演に辻は「次男が生まれた時から一視聴者として『GO!GO!チャギントン』を家で見ていてジャンケントレインも一緒に踊っていたので、つるの剛士さんと一緒に踊れるということが本当に夢のようでした」とコメント。

 踊ってみた感想については「うれしくて楽しかったです!!“グーチョキパーチョキ”のところの、特に左手が難しかったです」といい、視聴者の皆様に向け「ずっと見ていたダンスを自分が踊るという実感が(収録が終わった今でも)まだないです。自分(がオンエアを見るの)と同じタイミングで息子に見せたいです。子供だけでなく、家族みんなで一緒に踊って楽しんでもらえるとうれしいです!」メッセージしている。

『チャギントン』は、世界で人気の子供向け鉄道CGアニメ。イギリスやアメリカなど世界各国で放送開始されるやいなや、そのカラフルで表情豊かなキャラクターと明るく楽しいストーリーが子供たちに支持され、瞬く間に人気に。これまでに世界各国と地域で放送されるなど、世界中でブームを巻き起こしている。

 物語の舞台は「チャギントン」という、さまざまな列車たちが暮らす架空の街。街の名前の由来、それは英語で“チャグチャグ”という言葉が日本語でいう“シュシュポポ”にあたり、“チャグのタウン(街)”から「チャギントン」と名づけられた。この街では数多くの“列車(チャガー)たち”が暮らしており、人間たちとともにさまざまな仕事をこなしつつ生活をしている。主人公はこの街に暮らすウィルソン、ココ、ブルースターという、魅力あふれる幼い見習い列車3人組。この3人がチャギントンの街の暮らしや仕事を通じ、ともに日々成長し、互いの絆を深めていく心温まる物語となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 旦那働いてる?って、コメントあるけど、NHKで、野菜も作ってるし、旅にも行ってるし、他の番組にもたまに出てますよ。
    • イイネ!4
    • コメント 4件
  • EDの相談コーナーかな?
    • イイネ!21
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(46件)

ニュース設定