菊花賞のサイン馬券は眞子さまのご結婚、さらにポスターとマンハッタンカフェにヒントあり!?

1

2021年10月24日 06:51  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

所長「さあ、菊花賞じゃ。馬券のサインは、眞子さまのご結婚にあるとみて間違いないじゃろ」

研究員「へ? 皇室の慶事ですから、それは来週の天皇賞・秋でこそ、じゃないですか? 実際、ご結婚されるのは週明けの10月26日ですし」

所長「そう思うじゃろ? じゃが、眞子さまはご結婚されて皇籍から離れることになる。つまり、天皇賞・秋の時点では『サインの対象でなくなる』という"裏サイン"でもあるんじゃ。

 また、菊花賞の"菊"こそ皇室の紋章じゃ。そのうえ、菊花賞のポスターのコピーも『花は、強さの、もとに咲く。』と、わざわざ"花=菊"を強調しておる。来週よりも今週こそ、ということじゃ」

研究員「なるほど。所長にしては、もっともらしいこと言うじゃないですか」

所長「いちいち、うるさいわい!」

研究員「でも、眞子さまからヒントって、ありそうでなさそうですよ。ご結婚するのが10月26日、眞子さまの誕生日が10月23日ですから、"10番"のモンテディオとか、"2番"のアサマノイタズラとか、ですか」

所長「"アサマ"ノイタズラはクサいと思うぞ。日本全国にある"浅間"神社(あさまじんじゃ、せんげんじんじゃ)は皇室ともゆかりがあるし、総本宮となる富士山本宮浅間大社の灯篭や提灯などには、菊の紋がしつらえられているものが多いからな。

 さらに、アサマノイタズラの母はハイタッチクイーン。ポスターに登場しているのが"高"畑充希だから、"ハイ"つながりもある」

研究員「あと、皇室ということで、父が"キング"カメハメハ、母父が"キング"ヘイローのヴァイスメテオールなんかも気になりますね......というか、アサマノイタズラも母父は"キング"ヘイローじゃないですか。こりゃ、ますます怪しいですね」

所長「せやな。ただ、それよりも気になることがあるんじゃ。眞子さまはご結婚後、どこに行かれるか知っておるか?」

研究員「ニューヨークですよね? ニュースでもバンバンやってますよ......あっ、ニューヨーク、しかも菊花賞と言えば、マンハッタンカフェですね!」




所長「そうじゃ。ちょうど今週、ゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』でもマンハッタンカフェが育成ウマ娘として実装されたばかりじゃ。(声優の)小倉唯ちゃんの低音ボイスというのがまた、趣があるんじゃ......」

研究員「おいおいオッサン、どれだけウマ娘にハマってんのよ!?」

所長「余計なお世話じゃ!」

研究員「でもオッサン、じゃなくて所長、マンハッタンカフェ産駒の最後の世代は2016年生まれ。今回の出走馬の中には同産駒はいませんし、母父にも同馬の名前は見当たりませんよ」

所長「そういう時は、歴史を振り返ってみることが大事なんじゃ」

研究員「え〜と、マンハッタンカフェが勝った菊花賞は同馬が馬番2番で、2着が馬番10番のマイネルデスポット......おっ、ここでも"2番"と"10番"がかかわってきましたよ!」

所長「むふふふ。ついでに言うなら、マンハッタンカフェは前走のセントライト記念で4着。今年のセントライト記念で4着だったカレンルシェルブルは出走しないが、同馬に騎乗していた横山和生騎手は"10番"モンテディオの鞍上じゃ」

研究員「こりゃ、"2番"アサマノイタズラと"10番"モンテディオで決まりっすね!」

所長「そうそう、ウマ娘のマンハッタンカフェちゃんはコスチュームが真っ黒だし、実際に菊花賞を勝った時も2枠2番だったから、念のため、黒=2枠も押さえておいてもいいかもしれんな。むふふふ」

このニュースに関するつぶやき

  • おはようございます。今日は朝から多忙です。プリキュア見てジャイアンツ戦見て、菊花賞に劇場版パトレイバーに鬼滅の刃とテレビ三昧なのだ。しかも菊花賞、ボクが選んだ穴馬が来るとこの人書いてるね
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定