『青天を衝け』第32回 銀行を作った“栄一”吉沢亮に“五代友厚”ディーン・フジオカが助言

1

2021年10月24日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真大河ドラマ『青天を衝け』第32回「栄一、銀行を作る」場面写真 (C)NHK
大河ドラマ『青天を衝け』第32回「栄一、銀行を作る」場面写真 (C)NHK
 俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第32回「栄一、銀行を作る」が今夜放送。第32回では、明治政府を辞め第一国立銀行の総監役となった栄一(吉沢亮)に、五代友厚(ディーン・フジオカ)がある助言を授ける。

【写真】銀行を作った“栄一”吉沢亮に助言する”五代友厚”ディーン・フジオカ 『青天を衝け』第32回より

 栄一は明治政府を辞め、第一国立銀行の総監役として新たな道を歩み始める。開業後、駆けつけた五代(ディーン・フジオカ)は、“商いは化け物”、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)していると栄一に助言する。

 その頃、三菱を率いる岩崎弥太郎(中村芝翫)は、大蔵卿に就任した大隈重信(大倉孝二)と結びつきを強め、海運業で急成長していた。

 そんな中、ゑい(和久井映見)が体調を崩し、東京の栄一のもとに身を寄せることに…。

 大河ドラマ『青天を衝け』第32回「栄一、銀行を作る」は、NHK総合にて10月24日20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。

このニュースに関するつぶやき

  • いよいよ岩崎弥太郎が出てくるか。龍馬伝以来11年ぶりの大河登場。過去の目上の人間を遥かに凌ぎ、政府から海運業の仕事をしこたま請け負い、炭鉱を買い取り巨利を得た三菱を引っ張った男!
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定