フジの看板アナ、山夕貴に異変。秋改編でも声がかからなかった理由

3

2021年10月24日 14:11  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真1987年8月4日生まれ、岡山県出身。岡山大学経済学部卒業後、2010年にフジテレビに入社。2018年に芸人・おばたのお兄さんと結婚。仲むつまじい様子をテレビやSNSなどで見せている
1987年8月4日生まれ、岡山県出身。岡山大学経済学部卒業後、2010年にフジテレビに入社。2018年に芸人・おばたのお兄さんと結婚。仲むつまじい様子をテレビやSNSなどで見せている


秋の番組改編で注目された"女子アナ人事"。『報道ステーション』のキャスターにテレビ朝日入社2年目・渡辺瑠海(るみ)アナが大抜擢(ばってき)されたり、同じくフジテレビ入社2年目の渡邊渚アナが『ワイドナショー』のサブMCに起用されたりと、若手の登用が目立った一方で、そのしわ寄せを食らっているともいえるのがベテランアナたちだ。

テレビ朝日の山本雪乃アナは6年にわたって務めてきた『羽鳥慎一モーニングショー』を卒業となり、ゴールデンのバラエティ番組『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』は打ち切りに......。日本テレビ・水卜(みうら)麻美アナも『幸せ!ボンビーガール』が打ち切りになって担当番組が減ってしまった。

そうしたなか、あの看板アナの第一線への復帰も期待されたが......。フジテレビの山夕貴(やまさき・ゆき)アナである。

「『とくダネ!』が今年3月末で打ち切りになったことで、約10年ぶりに帯番組の担当から外れたんです。現在は『ワイドナショー』の不定期出演と、ナレーションが主な仕事。秋の改編では新番組を担当すると思ったのですが、うまくハマらなかったようです」(フジテレビ関係者)

入社12年目で、実力と知名度は折り紙つきだが......。

「世代交代の波に巻き込まれていて、どうしても若手を育てなければならない事情がある。彼女もそれがわかっているので、自らアピールもできない。自身の立ち位置に葛藤があると思いますよ」(前出・関係者)

返り咲きを期待したい!

このニュースに関するつぶやき

  • ベテランばかり起用しないで若い人を起用し経験させるのが普通では。
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • 岡山県出身アナウンサーだから応援したいわ。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定