F1第17戦アメリカGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

0

2021年10月24日 21:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第17戦アメリカGP予選後会見 左から2番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、PPマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3番手セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第17戦アメリカGP予選後会見 左から2番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、PPマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3番手セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1第17戦アメリカGPの予選が行われ、1番手〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。1番手〜5番手に入ったドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)だ。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 予選=5番手
 僕にとっては簡単な土曜日ではなかったけど、予選のできには大満足だし、1日をいい形で終えることができてよかった。

 FP3から苦労した。最初の走行はよかったんだけど、2回目は本当に難しかった。主にマシンのリヤに苦戦して、自信を持って走ることができなかった。Q1には変更を加えて望み、周回を重ねた。このおかげで自信を取り戻すことができて、Q2からは思い通りにプッシュできるようになった。ミディアムタイヤでQ2のベストタイムを出せたことは、明日のレースのアドバンテージになる。しかも僕たちは2台とも(バルテリ・ボッタスのペナルティにより)ひとつポジションを挙げて、4番手と5番手からスタートできる。これは僕にとっては、コースの汚れた側からスタートしなければいけなくなるということでもあるんだけど。明日はチームにいい結果を持ち帰れるよう、全力を尽くす。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 予選=4番手
 これは目指していた結果ではない。今日はレッドブルが間違いなく優勢で、彼らは昨日よりさらにステップアップしたようだった。

 Q3最初のランはまずまずだったけれど、最終セクターでの感触があまり良くなかった。2回目のランでクリーンなラップを走ることを目指したが、フロントがロックし、アンダーステアがさらにひどくなった。そのためにタイムをロスし、向上させることができなかった。

 ペナルティを受けて9番グリッドからスタートする。でも僕たちのレースペースは強力で、レッドブルとほぼ互角だと思う。グリッドのすぐ前に並ぶマシンに対してはペースのアドバンテージがあるのではないかと期待している。

 明日は戦略も重要になるだろう。ポジションを上げて、大量得点を狙えるはずだよ。レースは長いし、僕はいつだって楽観的に物事を考えているんだ。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 予選=3番手
 うれしい結果だけれど、100パーセント満足することはできない。僕たちにはポールを獲得できるだけのペースがあったんだ。

 残念なことに、(Q3の)最後のアタックラップの時に雨が強くなり始めた。僕はコース上で一番後ろを走っていたために、セクター3でタイムを失ってしまった。その点は少し不運だったと思う。

 最後のランでは緊張が高まっていた。皆、最後のラップにすべてがかかっていると分かっていたからだ。マックス(・フェルスタッペン)もルイス(・ハミルトン)も素晴らしい仕事をしたね。皆がふさわしいポジションをつかんだ。

 今週末、高い競争力を発揮していることで、僕は大きな自信を得つつある。これだけの進歩を成し遂げていることは、舞台裏でどれだけ努力してきたかの表れだ。これからも向上し続けていけるだろう。

 僕たちは、決勝に向けて良いポジションにいる。長いレースになり、何が起きてもおかしくない。観客席で熱心に応援してくれているファンの皆に、最高の結果を届けたいね。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=2番手
 今日はすべてを出し切った。予選では苦労した。レッドブルが信じられないほど速かったんだ。それに比べて僕たちは、FP1の後、少し後退してしまったようだ。

 Q3での最後のラップには満足している。もちろん、どういう場合でも改善の余地は残っているものだけど、あのラップはほぼ最大限の出来だったと思う。

 ここの観客は最高だよ。明日は優勝して彼らに素晴らしいショーを見せたいと思う。

 全力を注いで取り組む必要がある。でもこのグリッドも悪くないし、ターン1に向けてチャンスがあるから、それをつかむためにベストを尽くすよ。

 このコースではタイヤの摩耗が激しいから、どういう戦略をとれるのか興味深いし、戦略によってはレース中にチャンスが生まれるだろう。今日は僕にとって好ましい一日にはならなかったけれど、明日戦うことができる。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 予選=1番手
 今日の予選結果には驚いたが、もちろんポールポジションを獲得できてうれしい。

 ここまで楽な週末ではなかった。ずっとバランスを追及し続けていたんだ。だからQ3でいいラップをまとめられたことに満足している。

 チーム全体のパフォーマンスが素晴らしかった。最後のラップでうまくまとめ上げることができてうれしい。バランスを改善することができたので、昨日よりもはるかに快適に走ることができた。

 予選でこれだけのペースを示せたことは、明日の決勝に向けてポジティブな材料だ。それでも、タフな戦いになると予想している。気温が高く、タイヤに厳しいコンディションになるだろう。それが興味深い展開につながるはずだ。

 明日は自分たちのことに集中し、クリーンなスタートを決めて、可能な限りの速さを発揮したい。

(会見で語り)今回はマシンの限界までなかなか届かず、すべてのパフォーマンスを引き出すのに苦労していた。そういう週末を過ごしてきただけに、ポールを獲れて最高の気分だ。

 昨日はあまり満足できず、今日も完全に満足はしていなかった。でも正しい方向に進めたのは間違いない。FP1の後には「(メルセデスとの)ギャップはかなり大きいな」と思った。でも僕たちは徐々に改善していき、今日は彼らの前に出ることができたんだ。
    ニュース設定