山口紗弥加“18歳差の純愛不倫”を描く 坂井恵理『シジュウカラ』実写化

25

2021年10月25日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ『シジュウカラ』で主演を務める山口紗弥加 (C)「シジュウカラ」製作委員会
ドラマ『シジュウカラ』で主演を務める山口紗弥加 (C)「シジュウカラ」製作委員会
 女優の山口紗弥加(41)が、テレビ東京系ドラマ『シジュウカラ』(2022年1月スタート 毎週金曜 深0:12)で主演を務めることが発表された。監督は、映画『私をくいとめて』『勝手にふるえてろ』などを手がけてきた大九明子が務める。

【書影】主人公が意味深な表情…『シジュウカラ』より

 原作は、『JOUR』(双葉社)連載中の坂井恵理氏による同名漫画。売れない漫画家・綿貫忍(山口)は、家庭では結婚15年目の夫と中学生の息子がいて幸せな家庭のはずなのに、どこか満足できない日々を送っていた。そんな中、引っ越しを機に長年アシスタントをしていた売れっ子漫画家のもとを離れ、筆を折る決意も固めた。

 しかし、10年以上前に描いて人気薄だった自作が、知らないうちに電子書籍で大ヒット。それを受け、新作を描くことを勧められた忍は、不安を抱きつつも挑戦することに。そこでアシスタントを募集したところ、応募してきたのは、橘千秋という22歳の美しい青年だった。次第に千秋に心惹かれていく中で、忍は自分自身の虚ろで不確かな人生観と向き合うことになり…。山口が、働く女性として、妻として、母として、さまざまな葛藤の狭間で生きる40代女性を表現する。

■以下、山口紗弥加のコメント

Q.オファーを受けた時の感想は?
「不倫×サスペンスと聞き、まずはタイトルの『シジュウカラ』を漢字と平仮名に変換しました。“四十からの不倫は、サスペンス”。いただいたお話をありがたいなと思いながら、一方で、血に塗れたドロドロの愛憎劇を想像し後退りする自分がいたのも事実です(笑)」

Q.原作を読んだ感想は?
「予想に反し、妙にリアルな痛みを伴う社会派の作品でした。私には夫も子どももいません。なのに前のめりになってしまうのは、同年代ということと、30代最後に訪れた連続ドラマ初主演の奇跡が主人公に重なるからかもしれません。 “18歳差の恋”は私には現実味がありませんが、漫画の世界の御伽噺(おとぎばなし)では終わらせない説得力も感じています」

Q.役への思い、意気込みは?
「私が演じる綿貫忍は、その名の通り言葉を飲み込み耐え忍び、年齢的に少しずついろんなことを諦めながらも、毎日を懸命に、穏やかに過ごそうとする女性です。若くはなくとも気力・体力ともに充実した40代で不意に訪れた“人生のセカンドチャンス”に戸惑い、悦び、悩みながら、結局は現実的な選択をしてしまう主人公には共感する部分が多くあります。だからこそ、原作キャラクターを追いすぎず、私自身のリアリティで演じたい。そう思っています」

Q.視聴者へメッセージ
「ある属性からの、自立」。私はこの作品をこのように捉えています。もしかしたら、描かれることの大半が拒絶されるかもしれません。それでも挑戦したいと思うのは、この作品が、どこかの誰かの“突破口”になればと願うから。そしてそれは、私自身かもしれないからです。この作品が、ひとりでも多くの方に届きますように……。願いを込めて演じます。

このニュースに関するつぶやき

  • もぉ�������������ӻ�������浮気や不倫はテレ東の専売特許だね(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • いや…イメージ違いすぎやろ。中肉中背で顔は中の下くらいの、どこにでもいる主婦みたいな感じじゃないとさ。綺麗すぎるよ。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定