宮本恒靖と内田篤人がW解説に決定 『2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝アンバサダー』

4

2021年10月25日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真30日放送『ルヴァンカップ決勝』で解説を務める内田篤人 (C)フジテレビ
30日放送『ルヴァンカップ決勝』で解説を務める内田篤人 (C)フジテレビ
 元日本代表の宮本恒靖氏と、『2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝アンバサダー』に就任した元日本代表の内田篤人氏が、10月30日に埼玉スタジアム2002で行われる『2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝』(後1:00〜※延長対応あり)で解説を務めることが決まった。「画面を通じてしっかりと現地の熱を伝えられるよう準備したい」(宮本氏)、「サッカーがわからない人にもわかりやすく説明したい」(内田氏)と、それぞれ意気込みを語っている。

【写真】国歌斉唱を担当!V6・坂本昌行

 同日は、名古屋グランパスとセレッソ大阪が激突する。サッカーの国内3大タイトルの一つといわれ、今年で29回目となる伝統の同カップ。クラブ初の決勝進出となる名古屋グランパスが悲願の初制覇か? それともセレッソ大阪が2017年以来4年ぶりのタイトル奪還か? 同試合の模様をフジテレビ系列で午後1時から生中継で届ける。

 さらに、当日は、11月1日をもって26年間の活動を終えて、解散するV6の坂本昌行が、キックオフ直前に国歌独唱をする。ラストステージを前に、ピッチ上での貴重な勇姿を届ける坂本は「歴史あるルヴァンカップの決勝で国歌独唱という大役を務めさせていただけることを心より光栄に思います。V6の一員として、選手の皆様、ファンの方々にとって最高の決勝になることを願い、しっかり歌わせていただきます」とメッセージを寄せている。

 そのほか、決勝当日にはYouTube連動企画「ルヴァンプライムシート」も実施。実況席の宮本氏と内田氏の間に「360度カメラ」を設置し、2人の間に座っている視点をVR配信。解説者の言葉だけでなく、表情・アクションなど、普段の中継では見ることのできない部分もLIVEで届ける。同企画は「フジテレビスポーツYouTubeチャンネル」にて、30日午後1時から視聴が可能(予定)。

 また、決勝直前となる10月25日〜29日までの5日間には『FNN Live Newsα』(月〜木 後11:40〜/金曜 深0:10〜)に内田氏と元サッカー日本代表の中村憲剛氏が登場。2人だからこそ語れる「5つのテーマ」でルヴァンカップ決勝を徹底分析する。

 同じく、10月25日〜29日は『ルヴァンカップ決勝直前!Message 〜その美しきワンシーンを〜』も放送する(関東ローカル)。内田氏がナビゲーターとして、決戦に向ける選手の意気込みに迫りながら熱きファイナルの見どころを5夜連続で紹介。柿谷曜一朗(名古屋グランパス)や大久保嘉人(セレッソ大阪)ら選手が、家族や友人など大切な人へ、今まで言えなかったメッセージを伝える。

 この特別番組は、放送後にFODと民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)で無料視聴が可能。また、2021JリーグYBCルヴァンカップの準々決勝4試合と準決勝2試合の計6試合の模様も無料配信中。

■宮本恒靖氏・内田篤人氏・チーフプロデューサー・植村敦氏コメント

【宮本恒靖】
――久しぶりの解説の仕事となりますが
「実際にスタジアムで解説をするのはかなり久しぶりなので、的確なことに言及できるのかといった心配もありますが、それよりも楽しみが大きいです」

――決勝の見どころは?
「グランパスはイタリア人のフィッカデンティ監督らしく、しっかり守備を構築してきます。GKのランゲラック選手を中心に、今シーズンのリーグ戦ではここまで19試合が無失点と、堅い試合をしてきます。対するセレッソは、この夏に10年ぶりに日本に復帰した乾選手に加え、若い選手も台頭してきていて攻撃のタレントも豊富です。カップ戦の決勝はロースコアの展開になることが多いので、グランパスの堅守をセレッソがどう打ち破っていくのかがポイントの一つになりそうです。また、今回は決勝の3日前に天皇杯準々決勝を同一カードで戦うという非常に稀(まれ)なケース。マネジメントが難しい試合になると思いますが、時間のない中で両監督がどのような準備をしてくるのか、どういったプランを立てて臨んでくるのかについても注目です」

――決勝の解説に向けて意気込みをお願いします
「まだまだフルキャパシティーでの試合開催が難しい状況の中で、来場することができない両クラブのサポーターも大勢いらっしゃいます。現地に来られない方々にも、画面を通じてしっかりと現地の熱を伝えられるよう準備したいと思います」

【内田篤人】
――決勝はどのような試合展開を予想されますか?
「グランパスは今シーズン、“攻守”の内、特に“守”がかみ合っていると思います。セレッソは元日本代表の選手も多いですし、能力が高い選手が多い。そういった攻防が非常に楽しみです」

――解説の仕事をするに当たって心がけていることは?
「サッカーがわからない人にもわかりやすく説明したいなと思いますし、短くシンプルに伝えたいです。 僕もそうだったのですが、選手たちは勝つために、あまり気がつかないようなことでも一つ一つ意味のあるプレーをしています。プレーの意図とか戦術の意図とか交代の意図というのはある程度わかるように解説できればと思います」

――アンバサダーとして挑みますが、意気込みをお願いします
「両チームとも今シーズン調子は悪くないと思います。グランパスはずっと決勝にこられずにベスト4ぐらいで止まっていましたから、ここでタイトルを獲れるとチームとしても新しい歴史となります。セレッソはタレントが豊富。途中から入って試合を決定付けられそうな選手もいますから、非常に楽しみにしています。どちらが勝つというのはわからないですし、コロナ禍での決勝戦になりますがお客さんと共に試合を見届けたいと思います」

■チーフプロデューサー・植村敦(フジテレビ スポーツ部)コメント
「サッカー界を代表するクレバーなお二人のコラボレーションが今回実現しました。地上波のサッカー中継が少なくなった昨今だからこそ、この豪華なダブル解説を通じて、視聴者のみなさまに少しでも熱量ある番組をお届けできればと思います」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定