ヤクルトに“ゆとり”をもたらした好走塁を笘篠氏が絶賛「やるべきことをやった」

1

2021年10月25日 07:30  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・西浦直亨
ヤクルト・西浦直亨
◆ 大きな意味を持つ1点に

 セ・リーグ首位のヤクルトが巨人相手に6−4で勝利し、引き分けを挟んで続いてた連敗を「3」でストップ。自力で優勝へのマジックナンバーを「2」に減らした。

 ヤクルトは4回裏、この回の先頭・塩見泰隆がサードへの内野安打で出塁。続く青木宣親が粘って四球を選ぶと、山田哲人も8球粘って最後は死球で塁を埋めた。このチャンスに4番・村上宗隆がライトへの適時打で応えて先制に成功。5番・サンタナも大振りになることなくセンター前に弾き返し、さらに2点を加えた。

 つないでつないで3点を奪ったヤクルトだったが、無死一、二塁と好機は続き、6番・中村悠平の犠打で一死二、三塁に。7番・オスナは三ゴロに倒れるが、挟殺プレーの間にしっかり二死二、三塁という状況をつくり、8番・西浦直亨は申告敬遠。巨人ベンチは9番のピッチャー・原樹理との対戦を選択したが、2ストライクと追い込まれていた原がスライダーを狙い撃つと、打球が三塁線を抜けて走者一掃の適時二塁打となった。

 結局、打者一巡で一挙6点を奪ったヤクルトがリードを守り抜き、大きな白星を手にした。

 この試合を振り返った24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、解説の笘篠賢治さんが4回裏の攻撃に注目。原の二塁打で一塁走者の西浦が長駆ホームインしたプレーを取り上げ、「(巨人の左翼手)立岡がもっとチャージしないといけない。“一塁走者はいかないな”くらいの感覚だったと思うが、そのチャージが遅い分、三塁の福地(寿樹)コーチが手を回すことができた」とコメント。

 巨人の守備の不手際を指摘しつつ、「一塁走者の西浦も二死満塁、無警戒の中で打者が2ストライクと追い込まれ、最大限セカンドリードをとって、打った瞬間にスタートを切ってホームに行くつもりで走っていた。それらが重なっていたから福地コーチも腕を回せた」と主張。気を緩めなかった西浦の走塁に賛辞を送った。

 また、「最後は2点差。この1点がなかったら1点差になっていた」と続け、抜かりなく奪った得点により、リリーフ陣にかかる精神的な負担も軽減されたとの見解を示し、「チームがやるべきことをやったことによる追加点だった」と評価した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
    ニュース設定