山口紗弥加、18歳下の青年と恋に落ちる テレ東1月期新ドラマ『シジュウカラ』主演

0

2021年10月25日 08:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『シジュウカラ』に主演する山口紗弥加 (C)「シジュウカラ」製作委員会
ドラマ『シジュウカラ』に主演する山口紗弥加 (C)「シジュウカラ」製作委員会
 女優の山口紗弥加が主演を務めるドラマ『シジュウカラ』が、テレビ東京系にて2022年1月期の毎週金曜24時12分に放送されることが決まった。

【写真】漫画『シジュウカラ』書影

 坂井恵理による同名の人気漫画をドラマ化する本作は、売れない漫画家だった主人公が40歳になって同時に訪れた恋と仕事の「セカンドチャンス」に向き合う姿を描く、年の差ラブストーリー。山口が主人公・忍を演じる。監督は、映画『私をくいとめて』『勝手にふるえてろ』などの大九明子。

 売れない漫画家・綿貫忍。自作はなかなか日の目を見ず、一方家庭では結婚15年目の夫と中学生の息子がいて幸せな家庭のはずなのに、どこか満足できない日々を送っていた。そんな中、引っ越しを機に筆を折る決意も固めた。

 しかし、10年以上前に描いて人気薄だった自作が、知らないうちに電子書籍で大ヒット。新作を描くことを勧められた忍は、不安を抱きつつも挑戦することに。そこでアシスタントを募集したところ、応募してきたのは橘千秋という22歳の美しい青年だった。次第に千秋に心引かれていく中で、忍は自分自身のうつろで不確かな人生観と向き合うことになって…。

 主演の山口は、原作を読んだ感想を「予想に反し、妙にリアルな痛みを伴う社会派の作品でした。私には夫も子供もいません。なのに前のめりになってしまうのは、同年代ということと、30代最後に訪れた連続ドラマ初主演の奇跡が主人公に重なるからかもしれません」と話す。

 役どころについては「私が演じる綿貫忍は、その名の通り言葉を飲み込み耐え忍び、年齢的に少しずついろんなことを諦めながらも、毎日を懸命に、穏やかに過ごそうとする女性です。若くはなくとも気力・体力ともに充実した40代で不意に訪れた“人生のセカンドチャンス”に戸惑い、悦び、悩みながら、結局は現実的な選択をしてしまう主人公には共感する部分が多くあります。だからこそ、原作キャラクターを追いすぎず、私自身のリアリティで演じたい」としている。

 原作者の坂井は「映画『勝手にふるえてろ』を観て、大九明子監督に撮ってもらえたら…と、軽い気持ちでプロデューサーにつぶやいた私の希望が叶ってしまい、本当に驚きました。主演の山口紗弥加さんは、インタビューなどを読むと主人公の忍と重なる部分もあり、確かな演技力で存在感のある忍を演じてくれるのではと期待しております」とコメントしている。

 ドラマ24『シジュウカラ』は、テレビ東京系にて2022年1月期の毎週金曜24時12分放送。
    ニュース設定