目指したのは「スマホカメラ」ではなく「カメラ」 ライカに聞く「Leitz Phone 1」開発秘話

0

2021年10月25日 10:02  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真Leitz Phone 1
Leitz Phone 1

 ドイツの老舗カメラメーカーであるLeica(ライカ)が、初めて全面監修したスマートフォン「Leitz Phone 1」。定評のあるライカブランドと1型という大型センサーを搭載したカメラだけではない、「ライカのスマホ」のメリットについて、ライカの担当者たちに話を聞いた。



【その他の画像】



 記事内では企業名を「ライカ」、カメラの製品/ブランド名を「Leica」と表記している。



●ライカにとって大きな意味のある「ライツ」



 Leitz Phone 1の名称に使われている「LEITZ」(ライツ)は、世界で初めて35mmフィルムのカメラを開発した企業、Ernst Leitz(エルンスト・ライツ)にちなんでいる。これは当時のライカの社名であり、設立は1914年のこととされている。この35mmフィルムカメラの開発は、現在に至るまでのカメラの歴史を決定づけた出来事であり、これがなければ現在のような写真の歴史はなかったかもしれない。



 「『Leitz Camera(ライツのカメラ)』が『Leica』となったように、ライカにとっては重要な位置付けにある『Leitz』という言葉をスマートフォンに冠したのは、ライカにとっても大きな意義と意味のあることだ」とライカのモバイル・サービス、グローバル・ディレクターであるジェーン・ツイ(Jane Cui)氏は強調する。「初めてのライカブランドのスマートフォン」が世に出たことについては、「35mm版カメラの登場と同じぐらいのインパクトだ」としている。



 ライカは、「スマートフォンにはずっと関心を寄せていて、どういったスマホカメラの発展があるのか注意深く見守っていた」(ツイ氏)。以前から複数のスマートフォンメーカーと話し合いをしてきたというが、実際に製品化に至ったのは中国Huaweiと協業した製品「HUAWEI P9」が最初で、2015年のことだった。



 それから、ライカではスマートフォンユーザーのカメラの使い方を学んできたという。「スマホカメラでは世界中の人が毎日写真を撮影していて、生まれて初めて使うカメラ機器がスマートフォンだという若い人もどんどん増えている。スマートフォン向けにどのような画作りをするかの学びがあった」とツイ氏は話す。



 ライカとしてスマホカメラを監修している中で、スマートフォン自体を全面監修するという考えに至った。まず第1弾として日本を選んだのは、Leicaの認知度が高く、市場として日本を重要視していたこと、そして日本市場で受け入れられれば、世界でも通用すると考えたからだという。



●コロナ禍で苦労の連続だった開発



 契機となったのはソフトバンクとの話し合いだが、「ソフトバンクはイノベーティブなマインドを持っていて、新しいブランドにもオープンな気質を持っている」といった点が決め手となったそうだ(ツイ氏)。



 ここに開発メーカーとしてシャープが加わって開発が始まったが、このプロジェクトの開始は2020年2月。現在のように新型コロナウイルスがまん延する直前で、結局開発は一貫してリモートで行う必要があり、苦労したそうだ。



 そもそも欧州と日本で時差があり、言葉の壁もある。それに加えて「物理的に会えないことが加わって開発は大変だった」とツイ氏は振り返る。ライカ社内でサンプルを送り合ってデザインチームや素材チームからもサンプルが送られ、社内の承認プロセスを経て、日本へと発送してシャープが工場に送って……と実際のサンプル1つをやりとりするだけでも相当な苦労があったという。



 「こうした苦労はチャレンジだったが、振り返ってみると素晴らしく、人生でも重要な記憶に残る体験だった。コロナ禍が終息したら、ぜひ会って酒を酌み交わしたい」とツイ氏は笑う。



●ライカの哲学を盛り込んだモノクローム



 そうして完成したLeitz Phone 1は、1型センサーというスマートフォンとしては最大のサイズのセンサーを搭載した。ライカが最初にスマホカメラの開発を手掛けたHUAWEI P9には小さなセンサー(1.25マイクロメートル)が採用されていたが、「当時は小型のセンサーしかなく、モノクロとカラーのセンサーを融合させることで画質を担保させていた」とフロリアン・ヴァイラー(Florian Weiler)氏は言う。



 2021年現在は大型センサーが使えるようになったことで、その中でも最大の1型センサーを採用した形。パフォーマンスとして1型センサーを快適に処理できるようになった、ということだろう。



 こうした大型センサーのメリットは「ノイズとダイナミックレンジ」とヴァイラー氏は言う。さらにデジタルカメラで用いられるRAW形式での撮影にも対応しており、撮影後の後処理で独自の色を撮影者自身が作れる点をメリットとして挙げる。「大型の(ミラーレスカメラなどの)カメラに慣れている人はクリエイティビティを重視するので、こうした点も大事だろう」とヴァイラー氏は指摘する。



 重視したのは「自然光を意識した色合い」(ヴァイラー氏)。さらにレンズのF値も重視したそうで、広角レンズながら自然にボケが出せる数字を目指したという。



 ライカとして、「カメラに近い画作りをすることが大前提」(同)。1型というセンサーはデジタルカメラに使われることも多いサイズで、自然な発色でカメラと同じような絵作りができるセンサーを採用したという。



 こだわった点はセンサーとレンズの性質で、「あまり演算処理(コンピュテーショナルフォトグラフィ)を使わずに、より効果的に素晴らしい画質の絵作りができるような努力をした」とヴァイラー氏は強調する。目指したのは「スマホカメラ」ではなく「カメラ」としての方向性であったようだ。



 そうした方向性で搭載されたのがモノクロモードの「Leitz Looks」。ツイ氏は「デザインしたかったのは『M型Leica』」としており、M型Leicaにあるようなモードを盛り込みたいとして搭載したという。「カラー一辺倒の世の中になってもモノクロームにこだわってきたライカの哲学を詰め込んだものを搭載したかった」とツイ氏。"ライカらしさ"を重視した結果だったという。



●デザインにも「ライカらしさ」を



 「ライカらしさ」はデザインにも現れている。Leicaのデザインにも参加しているシニア・インダストリアル・デザイナーのディビッド・スー(David Suh)氏は、Leitz Phone 1のプロジェクト開始時に考慮したのが「正当なライカとは何か」という点だったという。



 「ライカのシンプルさ、正当性、本物であること、高品質」。スー氏はそういったキーワードを挙げてLeitz Phone 1のデザイン性を紹介。その結果として「ひと目見ただけでライカと分かる」というデザインに落とし込んでLeitz Phone 1を仕上げた。



 スー氏は続けて「触感も重視し、洗練されたサイドフレームなど、細かなエンジニアリングが全てつまっている」とアピール。Leicaのロゴである赤いバッジも目を引くが、全体的にシームレスに見えるようにこだわって監修したという。



 インタビューでは「Leicaとしてのこだわり」を重視した点が強調されており、スマートフォンカメラでもなく、デジタルカメラでもなく、「Leicaである」ことを目指している、ということだろう。デジタル処理も否定するわけではないが、「自然な発色で、ディテールまで細かく描写できるように努力している」とヴァイラー氏。ダイナミックレンジの拡張やノイズ低減といった点で利用しているそうだ。



 ライカ側では、シャープからのフィードバックだけでなく、SNSのハッシュタグなどを確認してユーザーの声を集めているとしつつ、ツイ氏は継続的にアップデートで改善を続けていきたい意向を示している。その準備も進められていて、ツイ氏は「驚いてもらいたいのでアップデートを待ってほしい。ワクワクしてもらえるようなアップデートになる」と話しており、今後のライカの取り組みを期待したいところだ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定