Facebookに新たな内部告発者 ホーゲン氏持ち出し文書をめぐっては米大手メディアが結束

31

2021年10月25日 10:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Facebookの大量の内部文書を持ち出し、同社の問題体質を告発したフランシス・ホーゲン氏に続き、新たな内部告発者が米証券取引委員会(SEC)に内部告発宣誓供述書を提出した──。米Washington Postが10月22日(現地時間)、内部告発者が匿名を条件に同紙と共有した文書とインタビューに基づいてそう報じた。



【その他の画像】



 新たな告発者はFacebookのIntegrityチームの元メンバー。文書によると、2016年の米大統領選へのロシアの関与でFacebookへの批判が高まった際、幹部のタッカー・バウンズ氏が「議員たちの関心は数週間以内に他に移るだろう。それまで目立たないように金儲けを続ければ問題ない」と語ったという。バウンズ氏はWashington Postに対し、「告発者の文書以外に証拠のない、4年も前の1対1の会話について尋ねられるのは初めてだ」という声明文を送った。



 この文書では他にも、2019年にFacebook Newsに極右メディアBreitbartを参加させたことについて、内部で疑問を呈した従業員に対し、公共政策担当副社長のジョエル・カプラン氏が「スティーブ・バノン氏とけんかがしたいのか?」と問い返したと記されている。



 新たな文書とは別に、ホーゲン氏が持ち出した文書をめぐり、米メディアの少なくとも17社が「The Facebook Papers」という取り組みを始めたとThe Informationが報じた。参加メディアが協力してホーゲン氏が提供した膨大な社内文書を共有し、関連記事を同時期に大量に掲載することでFacebookの問題への注目を高めようといういう取り組みだ。



 Associated Press(AP)、Reuters、The New York Times、The Washington Post、CNN、NBC News、CBS News、USA Today、Financial Times、The Atlantic、Fox Business、NPR、Bloomberg、Politico、Wiredなどが参加する。なお、最初に単独でホーゲン氏関連の特集を掲載したWall Street Journalは参加していない。



 23日から既に多数の記事が掲載されている。米大統領選後の議事堂襲撃関連や、米国以外の国々でのヘイトスピーチ対策の弱さなど、多様な記事を大手メディアが次々と報じている。



 これに対しFacebookは公式ブログで当時の対策の正しさや、現在はさらに対策を強化していることなどについて説明している(「関連リンク」にリンクを掲載した)。


このニュースに関するつぶやき

  • 男女関係無くどちらかに洗脳されるのはよくある。中国系○世米国人なのか完全な中国人なのか、そんなのが妻で習近平とも互いに笑顔で面会って“中国”寄りで米を貶めようとしてるのか?問題ある会社だな…
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 前アメリカ大統領トランプが、情報をきちんと守れ、安心して使えるSNSをつくるらしいんで、そっちにみんな移動するしかない( `ー´)ノ
    • イイネ!27
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(18件)

前日のランキングへ

ニュース設定