多部未華子が『流浪の月』に出演、松坂桃李に寄り添う看護師役

0

2021年10月25日 12:22  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真多部未華子
多部未華子
2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説を広瀬すずと松坂桃李のダブル主演で映画化した李相日監督最新作『流浪の月』より、出演キャストの情報とコメントが解禁された。




10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬さんが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂さんが演じる本作。更に、事件から15年後に文と再会してしまう更紗の現在の恋人・亮を横浜流星が演じることが先般発表された。

さらにこの度、『アイネクライネナハトムジーク』や、主演作『空に住む』、「私の家政夫ナギサさん」など数々の話題作に出演し、多彩な表情をみせる多部未華子の出演が決定。多部さんは本作で癒えない心の傷を抱える佐伯文(松坂さん)に寄り添う看護師、谷あゆみを演じる。

多部さんは、作品について「とても過酷な環境におかれている主人公のお話なのに、どこか温かく純粋で無垢な雰囲気がするとても魅力的な脚本」と言い、初タッグとなる李監督については、「事前に色々な噂話を聞いていたので(笑)」と前置きしつつ、「監督の前でお芝居をすると見透かされるというか、嘘がつけないと思うところがたくさんあります」と胸のうちを明かしている。

また共演する広瀬さん、松坂さんについては、「お二方とも、全身全霊で演じていらっしゃるのを現場にいる佇まいから強烈に感じ取ることができ、本当に心から尊敬します」とコメント。一方李監督は多部さんについて、「親しみやすい容貌で“欲深さ”とは縁遠い印象の多部さんですが、だからこそ、愛する人の心に触れられない焦燥感をどう炙り出してくれるのか興味が尽きません」とコメントしている。

『流浪の月』は2022年全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定