『鬼滅の刃』展、鬼舞辻無惨が支配する“禍々しい空間” 上弦の鬼の“人間時代の記憶”を覗く【写真100枚掲載】

0

2021年10月25日 16:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真鬼舞辻無惨が支配する“禍々しい空間”「弐ノ章 鬼(おに)〜人の果て、悲しみの果て〜」 (C)ORICON NewS inc.(C)吾峠呼世晴/集英社
鬼舞辻無惨が支配する“禍々しい空間”「弐ノ章 鬼(おに)〜人の果て、悲しみの果て〜」 (C)ORICON NewS inc.(C)吾峠呼世晴/集英社
 人気漫画『鬼滅の刃』初の原画展「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」のメディア向け内覧会が25日、行われ、一部会場の内容が公開された。

【写真100枚】9人の柱&上弦の鬼が集結…壁一面に広がる鬼滅の歴史

 『鬼滅の刃』の作者・吾峠氏の想いの詰まった直筆原画を多数展示し、連載終了後も注目を集める作品の魅力、世界観を余すことなく伝えていく。展覧会コンセプトは「受け継ぐ」で、主人公・炭治郎たちが背負った宿命や試練、それを乗り越えようとする心の強さ。そして、物語を紡いだ全ての登場人物たちの想いを受け、未来へと語り継いでいく…作者の想いの詰まった『鬼滅の刃』直筆原画を堪能できる。

 「弐ノ章 鬼(おに)〜人の果て、悲しみの果て〜」では、古より人間を喰らうことで人々から恐れられていた「鬼」が登場。その王たる鬼舞辻無惨の禍々(まがまが)しい血と細胞に支配された上弦の鬼たちの姿と、人であった頃の記憶を覗く。

 同エリアでは、鬼舞辻の禍々しい血と細胞を表現した『鬼舞辻無惨「血の支配」立体造形』が空間を占拠。その周りには『「鬼と人間の狭間」モノリス』が設置され、上弦の鬼たちの「鬼の姿:残酷・冷血なふるまい」と「人の姿:かつて人間だったことの過去」を対比して表現する。

 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」は、あす26日から12月12日まで東京・森アーツセンターギャラリー、2022年7月14日から9月4日まで大阪・グランフロント大阪で開催される。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定