逝去した山本文緒さん受賞の中央公論文芸賞贈呈式が開催 副賞のジュエリーは生前病床で受け取っていたと明かされる

1

2021年10月25日 16:42  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真中央公論文芸賞を受賞した『自転しながら公転する』(画像はamazon.co.jpから)
中央公論文芸賞を受賞した『自転しながら公転する』(画像はamazon.co.jpから)

 膵臓がんのため逝去した作家の山本文緒さんのInstagramが10月25日、関係者の手によって更新。中央公論文芸賞を受賞した小説『自転しながら公転する』(新潮社)の贈呈式が行われたことや病床の山本さんが副賞のジュエリーを事前に受け取っていたことが明かされています。



【画像】山本さん



 『自転しながら公転する』は、山本さんの7年ぶりとなった新作長編で、2020年8月に第16回中央公論文芸賞の受賞が決定。2021年10月22日に中央公論新社が主催した谷崎潤一郎賞と中央公論文芸賞の贈呈式が開催され、山本さんのInstagramでは、生前の山本さんによる受賞のコメントと副賞であるミキモトオリジナルジュエリーの写真が公開されました。なお、谷崎潤一郎賞は金原ひとみさんの『アンソーシャル ディスタンス』(新潮社)。



 投稿によると、ミキモトオリジナルジュエリーは「ご無理を言って、事前に届けていただき、病床の山本さんに見せることができました。関係者のみなさまありがとうございました」と本人に直接渡せたことを報告。8月末に書かれたという受賞の言葉では、作家としてもがき苦しむ中で「自分の作品の中では楽しんで書けたものになった」と山本さんの気持ちがつづられています。



 また、Instagramについては「自分がいなくなったあともSNSは残してほしい」という山本さんの遺志を優先し今後も残すことを伝え、「時々お知らせや思い出などを投稿しようと思います。メッセージなどには対応できませんので予めご了承ください」と知らせています。



 ファンからは「度々更新してくださるとのこと、嬉しい限りです」「ありがたいです」とInstagram継続に感謝する声とともに、「本当に涙がとまりません。これからも作品を読み続けます」と山本さんの死を悲しみながらも作品たちへの愛を伝える声が届いています。


このニュースに関するつぶやき

  • 山本文緒さん、亡くなってたのかと……今更ながら……(-ω-)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定