「ちびまる子ちゃん」高校生になった3年4組男子描く!原作35周年で初の舞台化が決定

1

2021年10月25日 23:51  アニメ!アニメ!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『ちびまる子ちゃん』原作35周年記念イヤー(C)さくらプロダクション
『ちびまる子ちゃん』原作35周年記念イヤー(C)さくらプロダクション
マンガ『ちびまる子ちゃん』が、2021年をもって連載開始から35周年を迎えた。アニメーション制作を手掛ける日本アニメーションは2021年から2022年までを“『ちびまる子ちゃん』原作35周年記念イヤー”として、今後アニバーサリーを祝う企画を実施。初の舞台化となる『ちびまる子ちゃんTHE STAGE』などを展開していくことが明らかになった。

“『ちびまる子ちゃん』原作35周年記念イヤー”のオープニングを飾るのは、2021年11月11日から12月25日までの期間、神奈川・横浜ランドマークタワーとのコラボで実施される「The Landmark Christmas 2021 Happiness Holidays 〜まる子と楽しむ、ランドマークの大人クリスマス!〜」だ。

このコラボは、ハートフルなコンテンツを横浜ランドマークタワーの各所で実施するもの。「ランドマークプラザ」と「MARK IS みなとみらい」ではデジタルスタンプラリーを展開するほか、まる子と仲間たちが館内各所に登場する。

また、館内に設置のリーフレットにある二次元コードをスマートフォンで読み取ると、クリスマスバージョンのまる子が出現するARイベントも実施。さらに、「ランドマークプラザ」の1階「サカタのタネガーデンスクエア」には、高さ8メートルのクリスマスツリーや空間装飾、ドックヤードガーデンでのイルミネーションが展開される。

また2021年11月下旬には、キデイランド原宿店にある「まる子とコジコジストア」ほかにて物販イベントが開催される。同イベントでは、原作者のさくらももこが『ちびまる子ちゃん』の連載初期にグッズ用として描き下ろしたイラストを使用した、新グッズの販売などを実施する予定だ。

そして、原作35周年のフィナーレとなる2022年冬に向けて始動したのが、『ちびまる子ちゃん』初となる舞台化プロジェクト『ちびまる子ちゃんTHE STAGE』だ。ネルケプランニングの企画・制作で、3年4組の男子たちのハイスクールデイズを描く舞台となる。高校生になった彼らがどのように描かれるのか、その姿に期待が膨らむ。

(C)さくらプロダクション

    オススメゲーム

    ニュース設定