東プレが無線接続を含む第3世代「REALFORCE R3」20モデルを投入 11月1日発売

0

2021年10月26日 06:02  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真REALFORCE R3シリーズのラインアップ
REALFORCE R3シリーズのラインアップ

 東プレは10月26日、同社製キーボード「REALFORCE」マスターシリーズのラインアップで、第3世代となる「REALFORCE R3」を11月1日から販売を開始すると発表した。



【その他の画像】



●USB Type-Cと単3形乾電池2本駆動のBluetooth 5.0に両対応



 USB Type-Cでの有線接続/無線(Bluetooth)&USB接続、キー荷重(45g/静音45g/静音変荷重/静音30g)に加え、テンキー付き/テンキーレス、ボディーカラーのブラック/ホワイトの組み合わせで全20モデルが用意される。販路は直販のREALFORCE Store、Amazonと楽天市場のみとなり、REALFORCE Storeでの価格は3万4980円〜2万3980円(税込み、以下同様)だ。



 なお、既存の「REALFORCE R2」シリーズの日本語配列モデルは、2021年10月29日で生産終了となり、英語配列モデルはR2の継続のみとなる。



・20年目の新モデル「REALFORCE R3」で変わったこと 変わらなかったこと



 従来シリーズから続く静電容量無接点方式スイッチや、ステップスカルプチャー構造の入力のしやすさを継承しつつ、新たに専用ソフトウェアでのキーマップ入れ替えやBluetooth 5.0をサポート。ハイブリッドモデルでは、最大4台までのマルチペアリングに対応する。電源は単3形乾電池2本だ。



 専用ソフトでは、各キースイッチのオン位置を4段階(0.8/1.5/2.2/3mm)に切り替えられるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能の他、バッテリー残量の確認や4段階の省電力設定切り替え、入力したキーの入力数をヒートマップ状に表示することも可能だ。



 オプションで「パネルデザインキット」が用意され、キーボード面のデザインをカスタマイズできるようになり、交換用のキートップである「キーキャップセット」は全8色(ブルー/レッド/グリーン/ピンク/イエロー/パープル/ホワイト/グレー)構成となった。キーキャップセットの発売は12月20日の予定で、テンキー付きが1万1000円、テンキーレスが6600円の見込み。



●今後は「REALFORCE」ブランドとして展開



 さらに同社では、20周年を迎えたREALFORCEを今後、PC周辺機器のブランドとして展開していく予定だ。オフィスやホームユース用のマスターシリーズと、ゲーマー向けのゲーミングシリーズ、アクセサリーを展開していくという。


    ニュース設定