SDGsの17の目標の中で、最も多くの人が興味を持っているものはどれ?

3

2021年10月26日 09:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
クラダシは10月22日、「SDGsに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は9月2日〜10日、全国の「KURADASHI」会員男女5,613名を対象に、インターネットで実施した。


「SDGs」を知っているか尋ねたところ、73.8%が「よく知っている」「まあ知っている」と回答した。



「SDGs」の認知率について年代別で見ると、「よく知っている」と答えた割合が20%を超えたのは、20歳〜29歳と70歳以上だった。19歳以下を除く各年代で「よく知っている」「まあ知っている」の合計が70%を超えていることから、「SDGs」への認識は各世代へ概ね広がっていると考えられる。



興味を持っているSDGsの目標について尋ねると、最も多かったのが「2.飢餓をゼロに」で50%を超えた。50%を超えたのは「2.飢餓をゼロに」「1.貧困をなくそう」で、その他の項目では「健康」「自然環境」に関する目標に興味を持っている人が多い傾向にある。目標の中で興味を持っている人が一番多い「2.飢餓をゼロに」と、一番少ない「17.パートナーシップで目標を達成しよう」には、約40%もの差があり、興味に偏りがあることもわかった。


年代別に興味を持っているSDGsの目標を分析すると、「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「13.気候変動に具体的な対策を」の2つは、年代が上がるにつれて高くなっている。また、興味を持っている割合がもっとも低い20歳〜29歳の結果と、興味を持っている割合がもっとも高い70歳以上の結果には約25%もの差が出た。年代が高い人ほど、エネルギーや環境問題に対しての問題意識が強いと推察される。

「5.ジェンダー平等を実現しよう」では20歳〜29歳の42.3%が興味を持っており、もっとも高い数値となった。しかし、年代が上がるにつれて興味を持っている割合は低く、70歳以上では27.9%となっている。



サービスや製品を購入する際、SDGsはその選択に影響するか尋ねると、57.2%が「とても影響する」「まあ影響する」と答えた。「あまり影響しない」「まったく影響しない」方の合計は31.1%となっている。


年代別に見ると、「とても影響する」「まあ影響する」の合計が50%を下回ったのは19歳以下と20歳〜29歳で、若い世代ほどSDGsは製品やサービスの購入には影響しない傾向にあることがわかった。反対に年代が上がるにつれて「まあ影響する」という回答が増えており、年代が上がるほどSDGsが製品やサービスの購入に与える影響が大きくなると考えられる。



SDGs推進のために取り組んでいることがあるか聞くと49.7%が「どちらともいえない」と答えた。前項で「SDGsをよく知っている」「まあ知っている」は70%を超えていたが、SDGs推進のために取り組んでいることが「ある」人は27%にとどまっている。SDGsを「知っている」が「そのために取り組めていない」という人が多かった。


年代別に、SDGs推進のための取り組みを聞くと、年代が上がるにつれて、取り組む人の割合が多くなる傾向がみられた。一方で「どちらともいえない」割合も20歳〜29歳から60歳〜69歳にかけて多くなっている。20歳〜29歳でSDGs推進のために取り組んでいることが「ない」と回答した割合は、60歳〜69歳の約2倍で、「SDGs」への認知は世代間で大きな差はないが、その取り組みには年代により大きな差があることがわかった。



SDGs推進のための取り組みを「している」と回答した人に、具体的な内容について聞くと、「エコバッグを持ち歩く」「家庭内フードロスを減らすために冷凍したり、賞味期限の近い商品を購入する」「衣類は必要なものだけ購入し、着なくなったものはリサイクルショップ等へ持ち込む」「フェアトレード商品を積極的に購入する」「使い捨てのプラスチック製のストローやフォーク、包装の使用を減らす」などの声が挙がった。(フォルサ)

このニュースに関するつぶやき

  • SDGsを考えた人はあんなの絶対達成できないって分かって言ってると思う。
    • イイネ!13
    • コメント 0件
  • SDGsを考えた人はあんなの絶対達成できないって分かって言ってると思う。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定