デジタル化推進でブランドをリニューアル オックスフォード大出版局

0

2021年10月26日 11:11  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真デジタル化推進でブランドをリニューアル オックスフォード大出版局
デジタル化推進でブランドをリニューアル オックスフォード大出版局

 英語教育教材事業などを展開するオックスフォード大出版局(東京都港区)は、ブランドロゴを更新するなどデジタル時代に応じた同社ブランドのリニューアルに取り組んでいる。

 ロゴ更新のほか、11月4日には、著名な教育者や専門家を迎え、デジタル・リテラシーの育成や情報格差、教育機会の平等化など昨今注目される課題をテーマにしたオンラインイベント「Forum for Educators: Learning beyond tomorrow」を開催する(詳細は決定し次第、同社ウェブサイトに公開)など、デジタル化への対応を意欲的に進めている。

 世界各国の教育者、学習者、研究者向けのデジタルリソースの提供にも力を入れており、新型コロナウイルス関連の学術論文やジャーナル記事、関連書籍情報をまとめて提供した同社ウェブサイトは延べ3000万ビュー数を獲得。英語教育関係者の知識向上とスキル開発の支援を目的に開催したオンラインカンファレンス「English Language teaching Online Conference」には約5万3000人が参加した。

 オックスフォード大出版局は年間数千冊におよぶ刊行物を100以上の言語で出版。現在約50カ国にオフィスを構え、約6000人の職員が働いている。同出版局最高経営責任者(CEO)のナイジェル・ポートウッド氏は「何年にもわたり、デジタル化を推し進めてきた。冊子体の需要も引き続きあるが、我々の中核となる市場では近い将来、デジタルツールやリソースがより信頼されるものとなる」としている。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定