佐藤健、怒りに震える迫真演技の舞台裏 『護られなかった者たちへ』メイキング映像

0

2021年10月26日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『護られなかった者たちへ』(公開中)(C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
映画『護られなかった者たちへ』(公開中)(C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(公開中)より、佐藤演じる利根が、福祉保健事務所で働く三雲(永山瑛太)と城之内(緒形直人)の元へ行き、三雲に掴みかかる緊迫したシーンのメイキング映像が解禁となった。

【動画】佐藤健、怒りで震えるメイキング映像

 利根が、起きてしまったある事件に対して怒りを抑えられず、事件の原因を作ったと思われる三雲と城之内の元へ向かい感情のままに掴みかかっていく場面。映像には、時折笑顔を見せながらも、この後のシーンで叩くことになる車窓の強度を確認し、細かな演出についてじっくりと話し合う佐藤と瀬々敬久監督の姿を見ることができる。

 画面が変わり、利根が三雲に掴みかかるシーン。「(利根は、三雲から)引きはがされて後ろに下がる方がいい」と、永山・緒形を含む3人の動きについて、自ら提案する佐藤。“利根”という役として、彼の怒りをどう表現・体現するのか、突き詰める佐藤健のこだわりが垣間見えるメイキング映像となっている。

 佐藤自身も、このシーンは最も思い入れが強かったと話しており、「理不尽なことに対する怒りややるせなさを、作品を通して観客の方に共感してもらうことが今回の使命と思っていました。このシーンは台本を読んだ時点で大切なシーンだと思い、監督にも何回も確認し、瑛太さんにも何回も付き合っていただきました」と、語っている。現場でも、「本番!」のかけ声がかかるずっと前から怒りの感情を作り、ワナワナと震えていた佐藤。その集中力や本気度に、撮影スタッフも一目置いた場面だ。

 本作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの男・利根。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定