眞子さまは「自由を大切にしてほしい」 加藤登紀子「獄中結婚」を振り返る

7

2021年10月26日 17:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真眞子さま (c)朝日新聞社
眞子さま (c)朝日新聞社
 婚約内定会見から4年。多くのバッシングを受けながらも、結婚の意志を貫き通した眞子さまと小室圭さんが、夫婦としての歩みを始める。若い2人の門出に際し、歌手の加藤登紀子さんからの「祝辞」を紹介する。


【写真】あっ、カモを落としちゃった!大慌ての眞子さま
*  *  *


 私は秋篠宮邸へお伺いしたこともあり、(環境保全団体の)WWFジャパンなど、環境に関するお仕事では秋篠宮さまと何度もご一緒させていただきました。


 さらに、私が佐渡トキ環境親善大使であったこともあり、眞子さまとは佐渡トキ野生復帰10周年記念式典で一度、ご一緒させていただき、親しくお話しさせていただいたこともありました。


 そんなご縁もあって、眞子さまのご結婚に関して、とても親しみを持って見守ってきました。


 眞子さまが、皇室から離れるという非常に大きな決断をされたことは驚きましたが、お幸せになっていただきたいと心から願っています。


 ご結婚に対しては、「皇室の運営は国民の税金だから説明責任を果たすべきだ」などと、いろいろと意見をおっしゃる方々がいました。でも、秋篠宮さまご夫妻と眞子さまがご決断されたのだから、もうこれ以上、私たちは言う立場にないと思います。


 私がかつて、藤本敏夫と獄中結婚するときは、藤本が学生運動の責任者として実刑判決を受けて服役中だったので、世の中の人は私と藤本との結婚を反対するのではないかと危惧していました。


 でも実は、私の近くにいた人たちの中にも、反対する人がいなかったのです。事務所の社長・石井好子さんも、「あなたが決めたことだから全面的に応援するわ」って、私たち2人が決めたことを尊重してくれました。


 また、私は藤本と結婚することで、もう歌えなくなるかもしれないと心配していたので、歌手をやめてもいい、と言いましたら、


「あなたの人生は、あなたのものなの。あなたが自由であることが大事。だからこの自由を大切にしなさい」


 と言われました。一時的に歌えなくなる可能性もあるけれど、自分からやめるなんて、歌うことを放棄してはいけないと諭されました。




 その言葉があったからこそ、今の「歌手・加藤登紀子」があるのです。


 眞子さまも、自分の力で生きると宣言したのです。もの静かではあるけれど、強い意志を感じます。なんだか私のときと似ているところがあるかもしれませんね。


 眞子さまにも自由を大切にしてほしいと願っていますし、当時の私のことを思い出すと、全身で抱きしめたいくらい愛(いと)しい気持ちでいっぱいです。


 今では以前とは違い、お二人のご結婚に対して心配する人がいて、見守る人もいて、そして応援してくれる人もいます。頭で考えるといろいろと思い悩むことも多いでしょう。でもこれからは自分たちにとって、うれしい道、幸せと思える道を、光に向かって歩んでほしいですね。


 眞子さま、小室圭さん、ご自身の中にある、光に向かっていこうとする力を信じて、歩み続けてください。


(本誌・鮎川哲也)


※26日より前に取材しました。敬称などは取材時のままです。

※週刊朝日  2021年11月5日号


このニュースに関するつぶやき

  • 応援しようにも、小室某は怪し過ぎる
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • 応援してる人の側が変なのよねぇ、いつも皇室批判してる人たちがこの結婚は応援してるみたい。何故かしらね?
    • イイネ!29
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(7件)

前日のランキングへ

ニュース設定