Qi活用マグカップ、ドウシシャが開発 内蔵ヒーターで飲みやすい温度を3時間キープ

0

2021年10月26日 18:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「ON℃ZONE(オンドゾーン)リモマグ」
「ON℃ZONE(オンドゾーン)リモマグ」

 生活用品の企画開発を手がけるドウシシャ(大阪市中央区)は10月26日、Qiの充電パッドに置くと飲み頃の温度をキープするヒーター内蔵マグカップ「ON℃ZONE(オンドゾーン)リモマグ」のクラウドファンディングを「Makuake」で始めた。支援は3700円(税込)から。



【その他の画像】



 底面にヒーターを内蔵し、Qiの充電パッドを電源にして発熱するマグカップ。熱い飲み物を入れて付属の充電パッドに置くと約3時間は50℃以上をキープするという。自動販売機の温かい飲み物を参考に「熱すぎず飲みやすい」温度に設定した。



 ドウシシャは「ステンレス製の保温マグカップは熱すぎて飲めないが、陶器製はすぐに冷めてしまう。これらの問題を解決するため、飲み頃の温度をキープするマグカップを開発した」としている。



 マグカップはステンレス製の中空2重構造で容量は300ml。付属の充電パッドはマグカップを温める他、Qi対応スマートフォンなどの充電にも使えるとしている。


    ニュース設定