平井卓也氏vs.小川淳也氏「香川1区」に激震 平井一族の四国新聞「小川先行」と報道、過去の身内贔屓が仇に

3

2021年10月27日 11:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※写真はイメージ(撮影/馬場岳人)
※写真はイメージ(撮影/馬場岳人)
 衆院選がいよいよ幕を開けた。31日の投開票に向け、全国各地で舌戦が繰り広げられている。中でも注目は「香川1区」。前デジタル相の平井卓也氏と立憲民主党・小川淳也氏という「正反対」の候補が激突する。AERA 2021年11月1日号から。


【写真】「統計王子」の異名をとる小川淳也さん
*  *  *


 もしかすると今回の総選挙で、全国一の注目区かもしれない香川1区に激震が走っている。選挙戦の構図は前自民党衆院議員で、菅内閣では初代デジタル相だった平井卓也氏に、ドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で話題を呼んだ立憲民主党・小川淳也氏が挑む。共産党県委員会が小川氏支持を表明するなど野党共闘の枠組みは整い、事実上の一騎打ちの構図だ。


 平井氏は高松では「王国の主」と呼ばれている。郵政相を務めた祖父・太郎氏、労働相を務めた父・卓志氏と3代にわたって世襲を貫く。その知名度は高松では知らぬ者はないほど。過去6回の総選挙で、小川氏は選挙区では1勝しかできていない。


 だが、選挙戦序盤ではあるが、その地盤が揺れている。10月21日、地元でシェア率6割とされる四国新聞が「小川先行」と報道。この一報の意味は大きい。


■身内贔屓がバレて仇に


 というのも、平井氏は元四国新聞の取締役で現在は弟・龍司氏が社長に就いている。社主は平井氏の母・温子氏だ。しかも、西日本放送というテレビ局・ラジオ局を系列放送局に従える。そんな平井一族の新聞が「小川先行」と打ったのだ。身内の引き締めの意味合いもあるだろう。しかし、ある地元メディア関係者は、香川1区が全国的に注目されたことで、四国新聞のこれまでの報道姿勢そのものが平井氏に不利に働いていると分析する。


「昨年、平井氏がデジタル相就任後、初めて高松に戻った時、四国新聞は先祖のお墓参りをする平井氏を写真入りで大々的に取り上げた。デジタル庁発足の日は紙面ぶちぬきで特集です。けれども、オリパラアプリをめぐる平井氏の恫喝(どうかつ)疑惑などは申し訳程度。中央では他の媒体があれだけ批判しているのに、四国新聞紙面ではその事実がなかったように扱う。その身内贔屓(びいき)が世にバレ、仇になっている」



 平井氏と面識がある県議会関係者は、かつてないほどの焦りを平井陣営に感じると言う。


「世襲議員である平井氏は、その存在そのものが、変わらない、変われない自民党の象徴のようになっている。一方の小川氏は自分でパーマ屋の息子だと言っているように正反対。庶民代表の小川氏が、職業政治家の平井氏に裸一貫で挑戦する。今回は自民党のコロナ対策の失敗も相まって、有権者は勧善懲悪の物語を期待しているような空気を感じる」


(編集部・中原一歩)

※AERA 2021年11月1日号より抜粋


このニュースに関するつぶやき

  • そりゃそうだよね、としか。長野の信濃毎日は「小坂家の新聞」と揶揄されてたしそれは否定しないけど、ここまでえげつないことはしなかったですからね。
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定