台風20号 発達しながら北上 小笠原諸島に直撃 猛烈な風・猛烈なしけ・大雨の恐れ

0

2021年10月27日 14:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真台風20号 発達しながら北上 小笠原諸島に直撃 猛烈な風・猛烈なしけ・大雨の恐れ
台風20号 発達しながら北上 小笠原諸島に直撃 猛烈な風・猛烈なしけ・大雨の恐れ

台風20号は小笠原諸島に強い勢力で直撃の恐れ。小笠原諸島では大荒れの天気となる恐れがあります。



●台風20号 強い勢力で小笠原諸島に直撃の恐れ


台風20号は27日(水)正午現在、日本の南でほとんど停滞しています。台風第20号は今後、強い勢力に発達し、28日(木)から29日(金)にかけて小笠原諸島付近に接近、通過する予想です。小笠原諸島では大荒れの天気となる恐れがあります。
台風20号はその後、日本のはるか東へ進み、温帯低気圧に変わるでしょう。本州付近への直接的な影響はない見込みです。


●小笠原諸島は大荒れ


28日(木)から29日(金)にかけて小笠原諸島は猛烈な風が吹いて、海上は猛烈なしけとなるでしょう。
予想される最大風速(最大瞬間風速)は、28日(木)は40メートル(60メートル)、29日(金)は30から40メートル(40から60メートル)です。電柱や街灯が倒壊するものがあるほどの暴風が吹き荒れる恐れがあります。台風対策をきょうのうちに済ませ、大荒れの期間は不要不急の外出を避けてください。
予想される波の高さは、28日(木)は10メートル、29日(金)は6から8メートルです。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。海岸付近には近づかないようにしてください。
小笠原諸島では、28日(木)から29日(金)にかけて台風周辺の発達した雨雲がかかり、大雨となる見込みです。29日(金)午前6時までの24時間に予想される雨量は、100から200ミリの予想です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
なお、29日(金)には伊豆諸島でも大しけとなる可能性があります。


    ニュース設定