夏井いつき氏『種田山頭火賞』受賞 「思いがけないというのはこういうこと」と喜び

1

2021年10月27日 15:18  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『種田山頭火賞』を受賞した夏井いつき氏
『種田山頭火賞』を受賞した夏井いつき氏
 信念を貫いた生き方で多くの人びとに感動を与えた文化人・表現者を顕彰する『種田山頭火賞』第四回受賞者に、俳人の夏井いつき氏(64)が選ばれた。27日にオンライン授賞式行われ、夏井氏が喜びを語った。

【画像】『種田山頭火賞』授賞式の模様

 授賞式では、夏井氏に山頭火が生まれた山口県防府市在住の書家・富永鳩山氏の筆による山頭火の句「もりもり盛りあがる雲へあゆむ」が記された書などが贈られた。

 受賞の感想を問われ、夏井氏は「思いがけないというのはこういうことなのだなと。この会場に来る前に新聞社の方から取材を受けたが、感想と言われ『なぜ私が?』という思いしかなかった」と本音を吐露。受賞理由や山頭火の句の書を通じて「いろんな事が腑に落ちたような気がして、本当にうれしゅうございます」と笑みを浮かべた。

 今後について質問が及ぶと「もともとの志もそうだが、100年後に俳句が根腐れしてない、100年後に俳句が富士山のように高くて美しい広い裾野を持った文芸であってほしいという思いで活動している」と説明。「私の生きている間に今以上の新しい展開は考えていない。粛々とやっていく」とした。

 自分の理想を求めて行乞流転(ぎょうこつるてん)の旅に生き、信念を貫いた漂泊の俳人・種田山頭火。その全集をはじめ数多くの書籍を刊行してきた春陽堂書店は、創業140年の記念事業として2018年9月に同賞を創設した。選考委員に嵐山光三郎氏と林望氏を迎え、山頭火の生き方を彷彿とさせる人を現在に探し顕彰している。

 夏井氏は教員時代に俳句と出合い、俳人・黒田杏子氏に師事、教職を辞して俳人に転身した。創作活動に加え、俳句の授業「句会ライブ」、「俳句甲子園」の創設にも携わるなど幅広く活動している。またMBS・TBS系で放送中の『プレバト!!』俳句コーナー出演し、厳しくも愛ある講評で話題をさらうなど、「『俳句』という文芸を敷居が高いというイメージから解き放った功績は大きい」などと評価されての受賞となった。
    ニュース設定