サンドラ・ブロックが元受刑者役で新境地、Netflix映画『消えない罪』12・10配信

0

2021年10月27日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Netflix映画『消えない罪』12月10日より独占配信開始
Netflix映画『消えない罪』12月10日より独占配信開始
 映画『しあわせの隠れ場所』(2009年)でアカデミー賞主演女優賞に輝き、『ゼロ・グラビティ』(13年)でも再び同賞にノミネートされるなど、俳優として確固たる地位を築いたサンドラ・ブロックが主演およびプロデューサーを務める映画『消えない罪』が、12月10日よりNetflixで独占配信される。

【動画】Netflix映画『消えない罪』予告編

 今作では、サンドラ・ブロックが演じるのは、許されぬ罪を背負って生きる元受刑者という、これまでにない難役。サンドラの圧巻の演技によって生み出される疎外感や絶望感に心を揺さぶられる予告編と、力強いまなざしから主人公の背負う重い過去と葛藤が伝わるキービジュアルが解禁となった。

 過去に犯してしまった殺人の罪で20年の刑期を終え、刑務所から出所したルース・スレイター(サンドラ)。”罪を償った”はずの彼女だが、社会に出たルースに待ち受けていたのは、”過去の罪が許されない”世界。社会に溶け込めず孤立し、安息を求めた故郷でも厳しい批判に遭い、次第に行き場をなくしていくルース…。彼女が”罪を償う”ための唯一の手段は、昔とある理由で置き去りにしてしまい、離れ離れになっていた妹を探すことだった。果たしてルースは、過去の罪、そしてこれからの自分にどのように向き合っていくのか?

 予告編では、出所後も世間の厳しい目にさらされ、疎外感と絶望感に苛まれるルースを、サンドラが緊迫感あふれる演技で演じている。事件を知る人々からの非難が後を絶えず、精神的にも追い詰められていく中、唯一の望みである妹を捜そうとするルース。映像の中では、虚ろな表情で街をさまよい、自分を抑えられず感情をむき出しにしたり、再び妹とのつながりを取り戻そうと、悩み葛藤するルースの姿が映し出されていく。

 『ゼロ・グラビティ』では、宇宙からの生還を試みる科学者役で、ほとんどのシーンが無重力空間でたった一人という設定に挑み、『バード・ボックス』(18年)では”目隠し”をしたまま逃避行に出る母親役で、視界を遮られながらの体当たりの演技に挑むなど、過去に数々の難役を演じてきたサンドラが、本作で挑んだ元受刑者役で見せる重厚な演技は見応えがありそうだ。

 監督は、ドイツ出身のノラ・フィングシャイト。『システム・クラッシャー 家に帰りたい』(19年)が、 2019年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞するなど、注目を集める新鋭監督だ。

 出演はサンドラ・ブロックのほか、『メン・イン・ブラック』(1997年)、『マグニフィセント・セブン』(2016年)などに出演のヴィンセント・ドノフリオ、『マ・レイニーのブラックボトム』(2020年)などで4度のアカデミー賞ノミネート歴を誇るヴィオラ・デイヴィスなど演技派俳優たちが脇を固める。11月26日より、日本の一部劇場にて公開も予定されている。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定