江口のりこ、背中&脇腹がざっくり… 大胆ドレスで魅了

7

2021年10月27日 18:26  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『東京ドラマアウォード2021』授賞式に出席した江口のりこ (C)ORICON NewS inc.
『東京ドラマアウォード2021』授賞式に出席した江口のりこ (C)ORICON NewS inc.
 女優・江口のりこが、『東京ドラマアウォード2021』の助演女優賞を受賞し27日、都内ホテルで行われた表彰式に出席。背中と脇腹付近がざっくりと開いたドレス姿を披露し、会場を魅了した。

【後ろからショット】背中パックリ!大胆ワンピ姿で登場した江口のりこ

 同アワードは、作品の質の高さのみならず“市場性”“商業性”にスポットをあて、『世界に見せたい日本のドラマ』のコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性の高いドラマを表彰する。

 『俺の家の話』は、長瀬智也と脚本家・宮藤官九郎が描く、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで、介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるストーリー。

 記念のトロフィーを受け取った江口は、受賞のスピーチで「とにかく脚本が面白かったので、毎回本がくるのが楽しみでした。脚本が面白くてうれしいなっていう気持ちが大きかったです」と笑顔で語っていた。

 そのほか、「作品賞 連続ドラマ部門」グランプリをTBS『俺の家の話』、「作品賞 単発ドラマ部門」グランプリをNHK『太陽の子』、主演男優賞を窪田正孝(NHK『エール』)、主演女優賞を綾瀬はるか(TBS『天国と地獄〜サイコな2人〜』)、助演男優賞を西田敏行(TBS『俺の家の話』)が受賞した。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 普通に変な服にしか見えない(笑)。魅了って…。露出だけで魅了した事が良いことかわからんよw
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • 普通に変な服にしか見えない(笑)。魅了って…。露出だけで魅了した事が良いことかわからんよw
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定