”TRUMPシリーズ最新作”ミュージカル『ヴェラキッカ』キャスト解禁、主演は元宝塚歌劇団月組スター・美弥るりか

1

2021年10月27日 23:01  デビュー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真ミュージカル『ヴェラキッカ』キャスト(上段左から)美弥るりか、松下優也、古屋敬多(Lead)、(中段左から)愛加あゆ、大久保祥太郎、斎藤瑠希、(下段左から)西野誠、宮川浩、平野綾
ミュージカル『ヴェラキッカ』キャスト(上段左から)美弥るりか、松下優也、古屋敬多(Lead)、(中段左から)愛加あゆ、大久保祥太郎、斎藤瑠希、(下段左から)西野誠、宮川浩、平野綾
 2022年1月上演のTRUMPシリーズ最新作、ミュージカル『ヴェラキッカ』のキャスト&スタッフ、公演詳細が解禁され、元宝塚歌劇団月組スター・美弥るりかが主演を務めることが明らかとなった。

【写真】TRUMPシリーズの作・演出を務める劇作家の末満健一

 同シリーズは、劇作家・末満健一がライフワークに掲げ、2009年より展開する演劇シリーズ作品。人間でいうところの思春期=繭期(まゆき)の吸血種の少年たちが生を渇望する姿を描いたシリーズの原点『TRUMP』の他、『LILIUM-リリウム少女純潔歌劇-』、『SPECTER』、『グランギニョル』、『マリーゴールド』、『COCOON 月の翳り星ひとつ』 、 『鄒こ 雨下の章・日和の章』がこれまでに上演されている。

 最新作の『ヴェラキッカ』は、ある一族を通して、「人の想い」を奇怪かつ情念深い物語で描き出す、TRUMP流のロマンティックコメディ。

 ヴェラキッカ家の当主ノラ・ヴェラキッカ役には、宝塚歌劇団月組のスターとして活躍・高い人気を誇り、退団後も精力的に活動する美弥るりか。ノラの遠い親戚、シオン・ヴェラキッカ役に、ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』『ジャック・ザ・リッパー』などで高い歌唱力と存在感を示した松下優也、ノラの異母弟カイ・ヴェラキッカ役に、ダンスボーカルユニット「Lead」のメンバーとして活動しながら、『マドモアゼル・モーツァルト』『プリシラ』等ミュージカル出演が相次ぐ古屋敬多。

 シオンの妹ジョー・ヴェラキッカ役に、宝塚歌劇団雪組トップ娘役として活躍したのち、TRUMPシリーズのほか『ブロードウェイと銃弾』、『エニシング・ゴーズ』等多くの舞台で信頼を得る愛加あゆ、養子のひとり、クレイ・ヴェラキッカ役には、TRUMPシリーズ最多出演となり、ミュージカル『ドッグファイト』での瑞々しい演技が記憶に新しい大久保祥太郎、同じく養子のマギー・ヴェラキッカ役には、11月公開の新作ディズニー・アニメーション「ミラベルと魔法だらけの家」のヒロイン・ミラベル役に大抜擢された新星の斎藤瑠希が決定。

 さらに執事のウィンター・ヴェラキッカ役に、TRUMPシリーズのミュージカル『マリーゴールド』のクロッカス役が好評を博した西野誠、家庭教師のロビン・ヴェラキッカ役に、TRUMPシリーズのほか『パレード』や『ロミオ&ジュリエット』などに出演し、確かな 歌唱力で物語に重厚感を与える宮川浩、そして、新たに養子としてやってくるキャンディ・ヴェラキッカ役には、声優・女優として活躍し、そのチャーミングな魅力と高い実力で作品に彩りをあたえる平野綾が決定した。

 劇場は、東京建物Brillia HALL、COOL JAPAN PAR K OSAKA WW ホールにて、単独作品としてはシリーズ最大規模での上演が決定。

 音楽の和田俊輔をはじめ、スタッフワークもこれまでのTRUMPシリーズを支えてきた信頼の面々がそろい、シリーズの新たなステージにふさわしい座組みで挑む。

【公演概要】
ミュージカル『ヴェラキッカ』
東京公演:2022年1月15日(土)〜23日(日)東京建物 Brillia HALL
大阪公演:2022年2月2日(水)〜6日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

作・演出:末満健一
音楽:和田俊輔

キャスト:
ノラ・ヴェラキッカ:美弥るりか
シオン・ヴェラキッカ:松下優也
カイ・ヴェラキッカ:古屋敬多(Lead)
ジョー・ヴェラキッカ:愛加あゆ
クレイ・ヴェラキッカ:大久保祥太郎
マギー・ヴェラキッカ:斎藤瑠希
ウィンター・ヴェラキッカ:西野誠
ロビン・ヴェラキッカ:宮川浩
キャンディ・ヴェラキッカ:平野綾

養子たち:畑中竜也、山感音、伊藤わこ、金井菜々、千歳ふみ、能勢うらら
    ニュース設定