地震発生時の帰宅手段、シェアサイクルに脚光 実はリスクも? 各社対応から読み解く

53

2021年10月28日 08:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真帰宅難民を救う足としてシェアサイクルに脚光が
帰宅難民を救う足としてシェアサイクルに脚光が

 10月7日の夜に関東地方で発生した地震により、東京都足立区で最大震度5強を記録。地震により首都圏の鉄道は大規模にストップしたため、夜遅い時間帯にもかかわらず自宅に帰ることができない、いわゆる帰宅難民を救う手段として、シェアサイクルが脚光を浴びた。



【その他の画像】



 実際に地震が発生したその日、シェアサイクルで帰宅した人も少なくないだろう。SNSには、湾岸エリアのポートにシェアサイクルが大量に返却されている様子が投稿された。



 普段からシェアサイクルを通勤や通学などに使っている方もそうでない方も、遅い時間帯に普段通りの移動ができない中でシェアサイクルによって効率的に移動できた経験をすると、心強い移動手段として記憶に残るだろう。



 シェアサイクル事業者側も、地震の発生により影響があったと思われる時間帯の利用料金について、一部を減免するなどの支援措置を行っている。こうした措置から、実際にシェアサイクルで帰宅した方も、今回は運良く難を逃れた方も「電車が止まっても、シェアサイクルで帰れば大丈夫なのでは?」と認知した方も少なくないかもしれない。



 筆者自身も、地震によって電車が止まっている状況を知り、「シェアサイクルを使えば、帰宅の助けになるかもしれない」とSNSで発信したが、実際のところ災害発生時のシェアサイクルの利用はどうあるべきなのか? 冷静に考えてみたい。



●強い揺れの後、安全に移動できるのか?



 最初に、7日の夜に電車が運休となった理由を思い出してほしい。シンプルに言えば「地震による揺れが大きいため」というのが直接的な理由だ。では、地震による大きな揺れが発生した際に、シェアサイクルで移動することは、安全かつ適切といえるだろうか?



 幸いにも、先日の地震によって道路や路面に大きな被害は発生しておらず、大規模な通行止めや道路の損傷によってけが人が発生したという情報も確認されていない。もし、被害にあわれた方がいらっしゃったらおわびを申し上げたいが、大ざっぱにいえば「道路には甚大な被害は無かった」といえるだろう。



 だが、地震が発生したのは夜遅い時間帯であり、道路に甚大な被害がないことを正確に確認できたのは、翌朝以降だろう。東京都内の主要な道路は、夜間でも他の都市の道路よりも明るく、自転車でも比較的安全に走行が可能ではあるが、大きな揺れが発生したエリアを通行する際は、移動手段を問わず、道路状況について普段よりも注意すべきである。



●事業者による支援措置は「電車が止まってもシェアサイクルで帰宅を!」ではない



 冒頭で紹介した通り、今回の地震ではシェアサイクルの運営事業者各社が、利用料金の減免などの支援措置を発表した。帰宅難民を救う手段として、シェアサイクルが脚光を浴びたのはこうした事業者の支援措置も理由の一つだろう。実は、こうした支援措置は2018年8月に発生した大阪北部地震でも同様に行われた。



 大阪北部地震の発生後、ドコモ・バイクシェアは延長料金を無料とする他、エリア外に移動した自転車の回収に伴う費用を利用者に請求しない形で支援。地震発生の翌日にこの支援措置を発表した。OpenStreetでは、地震が発生したエリアのステーションからのレンタル料金を数日間無料とした。



 ドコモ・バイクシェアを例に紹介すると、大阪北部地震や今回の地震に伴う支援措置の発表タイミングは、地震発生の翌朝に行っている。同社の担当者によると、こうした支援措置を実施するかどうかは、震度やマグニチュードによって一律に決めているのではなく、災害の規模や影響に応じてその都度検討し、決定しているという。



 シェアサイクルの運営事業者は「電車が止まってもシェアサイクルで帰宅を!」と、積極的に自社サービス利用を推奨しているわけではない。これらの措置を発表するタイミングは地震による直接的な影響が落ち着いたタイミングであり、支援措置を事前に発表することで「延長料金が免除されるなら、シェアサイクルを使おう」と、シェアサイクルによる移動ニーズを喚起“しない”ように注意しているように見受けられる。



 背景には、災害によって自転車の走行が危険な状態となることがある他、東日本大震災の発災後のように、電車が運休となったことで大量の帰宅者が車道にはみ出して移動するケースもあり、こういったケースでは、自転車での走行が危険となってしまう。



 シェアサイクル事業者が、災害発生時の代替手段として支援措置などを積極的にアピールしていないのは、災害の発生によりシェアサイクルでの移動が危険になる可能性があることや、帰宅難民が大量に発生してしまうと、自転車の台数やエリアなどが十分あるとはいえないことが理由だろう。



 東京都内を例に紹介すると、都内のドコモ・バイクシェア系シェアサイクルの台数は約9500台だ。シェアサイクルはそのサービスの性質上、利用者が利用したいと思っても、近くのポート(置き場)に自転車が無ければ利用することができない。



 現実的な試算では無いことは前置きしつつも、仮にドコモ・バイクシェアの東京エリアの自転車が全台、帰宅難民のために使えたとしても、台数ベースで利用できるのは9500台に限られる。



 シェアサイクルは「朝は家から駅へ、夜は駅から家へ」の通勤・通学などの利用が多いが、利用者が多い時間帯に使おうと思ったら、近くのポートには自転車が残っていなかったり、残っていてもバッテリー残量が少ない車両だった……という経験をした方は少なくないだろう。



 地域や事業者によってサービスレベルは異なるが、平常時でさえ「乗りたいときにいつでも、確実に利用できる」サービス水準とはいえないと感じることも多く、公共交通のトラブルによって需要が急増すると、台数不足や返却先ポートで自転車があふれてしまうリスクは大きくなる。



●スマホや自転車の「通信」は正常に稼働するか?



 地震や大雨などの自然災害が発生すると、その影響で携帯電話の基地局に電力供給ができなくなったり、基地局の設備や通信用のケーブルで物理的に切断されるなどのトラブルにより、通信環境にも影響を及ぼす可能性がある。



 関東地方で震度5強を記録する地震では、直接的に通信インフラに大きなトラブルは発生しなかった。この点、携帯電話各社のインフラはかなり強靭(きょうじん)であり、災害時にも頼れるインフラであることは間違いない。



 一方で、翌週の14日夕方に発生したNTTドコモの通信障害の影響で、シェアサイクル用の自転車の通信用にドコモ回線をバックボーンに使う、ドコモ・バイクシェア系のサービスでも自転車のレンタルや返却が行いにくくなる現象が発生した。



 NTTドコモ以外の回線を使っているユーザーでも、ドコモの通信障害により、そもそもスマートフォンなどの通信手段が正常に動作せず、アプリを使ったシェアサイクルのレンタルや、ポートの位置を探すためのアプリが利用できなかった……という方もいるだろう。災害発生時には、通常時と比べて通信環境に何らかのトラブルが発生する確率も高くなる。



 シェアサイクルや電動キックボードなど、通信に依存するサービスを利用する場合は、「どうしてそのサービスが動くのか?」を普段から理解しておいた方が良いだろう。



●「震度5強」より強い本震が発生したら?



 7日に震度5強を記録する地震が発生した後、幸いにも本稿の執筆時点で"本震"といえるような地震は発生していない。だが、もし「震度5強」のあとに、より強い本震が発生していたら、安全に帰宅ができただろうか?



 内閣府の防災情報では、外出中に大地震が発生した際の基本行動として「むやみに移動を開始しない」ことを推奨している。地震発生後は、建物の倒壊や規制などの理由で道路が通行できなくなり、通行できる道路に歩行者や自動車が集中して大渋滞になることと、救急・救助活動などの緊急車両が多数通行するためだ。



 大地震の発生後、多数の人が移動すると命を救うための緊急活動の妨げととなり、本来なら助かる命を救えなくなる、集団転倒が発生しやすくなるなどのリスクをあげ、大地震が起きたときは安全な場所にとどまることが基本としている。



 とはいえ、今回の地震(最大震度5強)は首都直下型地震で想定されるほどの規模ではなく、建物の倒壊や、大規模な道路の通行規制は無かった。2011年の東日本大震災では、都内23区のうち8つの区で震度5強を記録したが、今回の地震で5強を記録したのは都内では足立区のみ。



 こうした情報や、体感震度がそれほど大きく無かったこと、余震が多発していなかったことなどを理由に、帰宅を判断した方も多数いるだろう。筆者は今回の地震が発生した際に既に在宅していたが、もし外出していたら、おそらく子どもが待つ家へと急いだであろう。



 災害が発生しても帰宅しなければならない理由は、小さい子どもが家で待っている、介助が必要な親が家で待っている、工場や倉庫などで火災が発生している可能性があるなど、家や会社へと急ぐ事情は人それぞれだろう。こうした個別の事情を無視して、一緒くたに「その場に止まるべき」が最適解なのか、この記事ではその点は掘り下げない。



 少なくとも、大地震が発生した際のシェアサイクルでの帰宅は、安全が確認できた後に徒歩で帰宅するのと比べてリスクが大きいことを利用者側は理解しておくべきであり、地震やその他の災害の発生時などには、利用者の安全を最優先にした措置や呼び掛けが事業者側には求められる。


このニュースに関するつぶやき

  • たまたま液状化とか地割れとかなく帰れたってことでしょうからねえ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 近距離なら良いかもしれないが電動機付き自転車でバッテリーが切れた時は地獄をみるよ。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(40件)

前日のランキングへ

ニュース設定