名画に名曲あり 圧巻のライブパフォーマンスで「新ディズニープラス」をアピール

2

2021年10月28日 08:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真新たなコンテンツブランド「スター」のサービス開始を記念してライブイベント「新ディズニープラス セレブレーションナイト」を開催 (C)ORICON NewS inc.
新たなコンテンツブランド「スター」のサービス開始を記念してライブイベント「新ディズニープラス セレブレーションナイト」を開催 (C)ORICON NewS inc.
 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で27日より、新たなコンテンツブランド「スター」のサービスを開始したことを記念して、同日、東京・新宿住友ビル三角広場でライブイベント「新ディズニープラス セレブレーションナイト」が開催され、山崎育三郎、昆夏美、尾上松也、城田優、山寺宏一、成河、清水美依紗らディズニーゆかりのゲストが特設ステージで一夜限りのスペシャルパフォーマンスを披露した。イベントの模様はインターネットでライブ配信された。

【写真で振り返る】「新ディズニープラス セレブレーションナイト」の模様

 同イベントは、東京フィルハーモニー交響楽団による各コンテンツブランドを代表する名曲メドレーからスタート。スター・ウォーズ『スター・ウォーズ』より「メインテーマ」、ピクサー『リメンバー・ミー』より「リメンバー・ミー」、スター『タイタニック』より「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」、マーベル『アベンジャーズ』より「The Avengers」、ディズニー『アナと雪の女王』より「Let It Go」が演奏され、名画に名曲ありを印象づけた。

 日本を代表する7つのアニメスタジオが独自の“ビジョン”でスター・ウォーズの新しい物語を描くプロジェクト『スター・ウォーズ:ビジョンズ』の中から「THE TWINS」のメインキャラクターを演じた榎木淳弥(カレ役)と白石涼子(アム役)が生アフレコに挑戦するコーナーも。2人の熱演に会場の観客も引き込まれた。

 ゲストによるスペシャルパフォーマンスでは、成河による「ひとりぼっちの晩餐会」(『美女と野獣』)、昆&山崎による「美女と野獣」(『美女と野獣』)、そして、城田は『シンデレラ』の「夢はひそかに」を一人で歌唱した。「夢はひそかに」は、シンデレラ役の高畑充希とのデュエットソングだが、一人で「心細かった」と城田。「なんでおらんの?」とメールしたところ、高畑からは「一人でも王子は大丈夫だよ」と返信があったことを明かしていた。

 続いて、松也による「俺のおかげさ」(『モアナと伝説の海』)、山寺による「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』)と続き、“IMY”のユニット名でライブなども行っている山崎・松也・城田の3人で、「君はともだち」(『トイ・ストーリー』)と「全力少年」(『2分の1の魔法』)を歌ってステージを盛り上げた。

 ライブパフォーマンスのトリを飾ったのは、「アルティメット プリンセス セレブレーション」日本版テーマソング「Starting Now〜新しい私へ」を歌う清水。コーラス隊とともに圧巻の歌唱力で「This Is Me」(『グレイテスト・ショーマン』)歌い上げた。

 ディズニープラスでは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5つのブランドに、新たにスターが加わったことで、最新映画からオリジナル作品、日本のドラマ・映画まで1万6000を超えるコンテンツの視聴が可能となった。

 山寺は「『ミセス・ダウト』(1993年)の吹替版も観ることができる。僕が吹替で参加した作品もたくさん配信されているので、探していただければ」と、新作も旧作も豊富なラインナップの魅力をアピールしていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 個人的には、マーベルの映画が好きだな
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「Be Prepared」(『ライオン・キング』)はいいぞ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定