なか卯、11月4日発売の丼ぶりメニュー 「これは良さそう」とネット歓喜

1

2021年10月28日 17:40  Sirabee

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

丼ぶりと京うどんの「なか卯」では、11月4日より「親子丼」がリニューアル。さらに新商品「とろたま親子丼」も発売される。

■「親子丼」並盛490円→480円に

なか卯の「親子丼」は1994年発売以来、特製の割り下と「こだわり卵」が使用され、注文を受ける毎に一食ずつ店内で調理され提供されている、同店の看板メニュー。

今回は、香りがよく鮮やかな色味の三つ葉が加えられ、価格も並盛490円から480円の新価格で販売される。これは嬉しい…! こちらは好みで、卓上の「特製 京風山椒」をかけて食べるのもおすすめだ。

関連記事:「玲空斗は自然が好きだったから樹海に埋めてあげよう」口にタオルをくわえさせ後頭部で縛り殺害…“鬼畜夫婦”の残酷な犯行

■魅惑の追いたまご…「とろたま親子丼」

同日から新発売される『とろたま親子丼』(並盛:520円)は、「親子丼」にこだわり卵を追加で後のせ……つまり“追いたまご”してしまったという、たまご好きにはたまらない一品である。店内飲食だけでなく、テイクアウトも可能だ。

なか卯の「こだわり卵」は、特別に開発した飼料を用いて飼育された鶏の卵。一般的な卵よりも弾力とコクがあり濃厚で、パプリカ由来の鮮やかなオレンジ色が特徴だ。

■早くもネット上で大注目

看板商品の「親子丼」がリニューアルされ、よりお手頃価格になることは、なか卯ファンにとって特大ニュース。

さらに、“追いたまご”した贅沢な「とろたま親子丼」も新登場とあって、情報解禁とともにインターネット上では、「なか卯と言えば親子丼。これは良さそう」「贅沢な親子丼ですね! とろりとして二倍美味しくなりそうです」といったコメントが目立ち、早くも話題になっている。

■たまご好きな人は多い…

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代〜60代の男女1,844名を対象に「食生活」に関する意識調査を実施したところ、全体で54.3%もの人が「たまらなく好きな食べ物がある」と回答。

生たまごを食すのは日本ならではの食文化であり、より身近な「たまごかけごはん」については、編集部が実施した別の調査において、約6割もの人が「卵かけごはんが好き」だと回答している。

そんなたまご好きな人にとって「とろたま親子丼」は、絶対に見逃せない新商品ではないだろか。

    ニュース設定