日本でただひとつ! 「青森県」には途中から階段になる国道がある/オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典

3

2021年10月28日 17:41  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典』(こざきゆう:文、MICANO:絵/ポプラ社)
『オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典』(こざきゆう:文、MICANO:絵/ポプラ社)

  日本にある47都道府県は、それぞれ特産品や名所、気候、大きさ、形…さまざまな特徴を持っていて、どこの県も魅力的!!

自分の住んでいる都道府県はもちろん、日本全国の思わず「へえ~」と言ってしまうネタを楽しく読めば、地理に興味を持つきっかけに!知っているようで知らない、日本の意外な「びっくり!」を集めた1冊です。

今回は、「青森県」と「長野県」をご紹介します。

※本作品はこざきゆう:著、MICANO:イラスト『オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典』から一部抜粋・編集しました

オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典

青森県には、とちゅうから階段になる国道がある

オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典

 国道339号線は、青森県弘前市から外ヶ浜町までを通る、約126キロメートルの道。しかし、そのとちゅうは、車やバイクが走ることができない。なぜなら、階段だからだ。

 場所は、津軽半島の先端、外ヶ浜町の竜飛岬。岬の丘から海沿いの漁港までの388.2メートルの区間が、362段の階段になっているのだ。こんな国道、もちろん日本でただひとつ。

 この道が、国道に指定された理由は、はっきりしていない。ただ、階段の上を通る区間と、下の海岸沿いを通る区間を1本の道としてあつかうためだったという説があるよ。

青森県の基本を知ろう

【県庁所在地】青森市 【面積】9646km2 【人口】121万5000人 【人口密度】126人/km2

オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典

長野県には日本でいちばん標高の高い駅がある

オニすご! とんでもねー!! ニッポンびっくり事典

 山がちな長野県は、地面からの高さを表す標高の平均が1132メートル。都道府県でもっとも高い県だ(2位は山梨県で995メートル)。

 そんなこともあって、長野県には、普通鉄道としては日本一標高の高い駅がある。それが、南牧村にあるJR小海線の野辺山駅。駅舎が標高約1345メートル地点にあるんだ。

 登山客でにぎわう駅であるいっぽう、駅の最高地点ということで鉄道ファンにも人気なんだ。

 なお、野辺山駅ととなりの清里駅の間には、標高約1375メートルの、JR鉄道の最高標高地点もある。

長野県情報もう1つ!

同じく南牧村の標高1332メートル地点にある南牧南小学校は、日本一標高の高い場所にある小学校だ。


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 国道なんだからせめてエスカレーターにして欲しいよな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 移動の自由を担保するために指定されたのだろうと思う。国道58号線って約850kmで二番目に長いのだけれど、車で走れるのは 1/3 弱くらいしかない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定