ショッピングアプリ「BASE」が「Pay ID」にリブランド 加盟店向け、消費者向けの区別を明確に

0

2021年10月28日 18:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 ネットショップ作成サービス「BASE」を運営するBASEは10月28日、提供中のショッピングアプリ「BASE」を、決済支援サービス「PAY ID」と統合し、新たに「Pay ID」として年内に公開すると発表した。加盟店向けのネットショップ作成サービスは「BASE」の名称のまま存続させる。



【その他の画像】



 同社はこれまで、加盟店向けサービスと消費者向けアプリの両方をBASEという同一のブランドとして展開してきた。その中で、消費者などからBASEをショッピングモールのようなサービスと捉えられる場面があったことから、加盟店向けサービスと消費者向けサービスを分離させ、別ブランドとして展開することにしたという。



 Pay IDアプリは、ショッピングアプリとしてのBASEをベースに、事前にクレジットカードなどを登録しておくことで決済手続きを簡略化できるPAY IDと統合する。BASEアプリ、PAY IDの既存機能はそのままのため、ユーザーは追加の手続き不要で利用できる。



 BASEとPAY IDの統合で、ID登録者数は750万人、アプリの月間ユーザー数は100万人を超える見込み。今後はパスワードレス認証にも対応する予定。


    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定