井浦新、林遣都&小松菜奈の芝居は「見ているだけで目を引きつける」

0

2021年10月28日 21:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真林遣都らの芝居を絶賛した井浦新 (C)ORICON NewS inc.
林遣都らの芝居を絶賛した井浦新 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の井浦新、柿本ケンサク監督が28日、都内で行われた映画『恋する寄生虫』(11月12日)試写会トークイベントに登壇した。

【集合ショット】林遣都&小松菜奈を絶賛!見どころを語った柿本ケンサク監督&井浦新

 本作の見どころについて井浦は「柿本ケンサク監督の作品はいちファンとして興味を持っていて、いつか仕事ができたらなという思いでした。柿本監督は、普段僕らが目に見えないものを映像として形に表現するのは得意中の得意。この作品を見たときは、現場でも映画を作るぞという熱量を感じていましたし、作品を見たときも感じました」と柿本監督とタッグを組んだ喜びを語った。

 その上で「そうさせているのは、林遣都くんと小松菜奈さんの存在が大きくて。見ているだけで、目を引きつける2人のお芝居は、この作品だからこそ味わえると思います」とアピールした。

 本作は、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾(林)と、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙(さなぎ)ひじり(小松)のはかない恋物語となっている。
    ニュース設定