猫「かまって」→「お前を倒してやる!」 猫語翻訳アプリで知る愛猫の本音に驚く飼い主の漫画が面白い

3

2021年10月28日 22:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真猫は何を言っている?
猫は何を言っている?

 話題の“猫語翻訳アプリ”で愛猫の驚くべき本音(?)を知った飼い主さんの漫画が、デザイナーのNOBOさんのブログ「じゃじゃ嫁日記」に掲載されています。



【画像:漫画を読む】



 巷で話題となっている“猫語翻訳アプリ”、その精度はいかほどかと、2匹の猫と暮らすNOBOさんも早速使ってみることに。まずはお仕事中、近くで待っていた「カイ」くんから。



 NOBOさんのお仕事中は「こっちに来て」と遊んでほしい気持ちを訴え、その要求を退けると「機嫌がよくない!」と、ちゃんと不満を持っていることを伝えています。



 また、別室にいるときは「愛する人、私を探しに来て!」「愛する人、聞こえてる?」などなど、愛する飼い主をひたすら呼んでいることが判明。



 おそらく「にゃ〜」でも伝わっているであろう気持ちと、アプリの内容はほぼ同じ。とはいえ実際に“日本語”として目にすると、どうにも愛猫の要求には弱くなり、かまってあげる時間が増えたNOBOさんなのでした。



 さて次は、甘えん坊のナルちゃんの出番です。わざわざ自分から別室に行って鳴く、そんなナルちゃんは何を伝えようとしているのでしょうか。



 「パパどこにいるの?」「かまって」「大好きだよ!」そんな熱烈な気持ちを発していたナルちゃん。その熱い思いに応えるべく、呼ばれたらなるべくすぐお迎えに行くようにしたそうです。



 そしてNOBOさんは、ナルちゃんが驚くとよく声をあげることを思い出し、少しばかりビックリさせてその声を翻訳してみることに。すると驚きの結果が!



 「お前を倒してやる!」……ビックリしているだけかと思ったら、ついでに威嚇もしていたことが判明。甘えん坊なのに好戦的、そんなギャップにまた惹かれていくNOBOさんなのでした。



 NOBOさんにとっては「かなり精度は高いんじゃないか」と思われたこのアプリ。また、「言語化されるとさらに距離感が縮まるというか、もっとかまってあげないといけないって気になりました」と、カイくんとナルちゃんにとっても“かまわれる時間が増える”という良い効果をもたらしてくれました。



 ブログ「じゃじゃ嫁日記」、Instagram(@nobo_emon)、Twitter(@rise_more)には、カイくん&ナルちゃん、そしてブログのタイトルにもなっている“じゃじゃ嫁”な奥様との楽しい日常を描いた漫画が投稿されていますよ。



画像提供:ブログ「じゃじゃ嫁日記」


このニュースに関するつぶやき

  • 猫「お前を浪人にしてやろうか!」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • なんて強気な生き物なんだ。>ねこ
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定