菅田将暉主演『CUBE』を原案者が絶賛「素晴らしい映画を作った」

0

2021年10月28日 23:30  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

1997年に公開された映画『CUBE』の初の公認リメイク『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』が10⽉22⽇(⾦)から絶賛公開中。このほどオリジナル版を手掛けたヴィンチェンゾ・ナタリ監督から、日本版を手掛けた清⽔康彦監督へ激励動画が届いた。



密室スリラーの先駆けとして、世界中でカルト的⼈気を誇る映画『CUBE』。日本版『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』は1997年にオリジナル版を作り上げたナタリ監督が、初めて公認したリメイク作品。主演の菅⽥将暉をはじめ、、岡⽥将⽣、⽥代輝、斎藤⼯、吉⽥鋼太郎と⽇本屈指の名優たちが勢揃い。謎の⽴⽅体「CUBE」を舞台に、全世界を巻き込む2021年⼀番”ヤバい”劇薬系密室エンタテインメントとなっている。


今回解禁された激励動画は、映画製作前にナタリ監督から清⽔監督に届いたもの。⽇本のアニメキャラクターと共に「逃げ場ありません」と、図らずも本作を連想させる⽂字がプリントがされたTシャツを着て登場したナタリ監督は「シミズさん、あなたが新たな『CUBE』を作ってくれることが本当に嬉しいです︕」と喜びを語り、「あなたのことを信じているし、才能に恵まれていて、新しい『CUBE』を作るのに相応しい創造性をあなたは持っている」と続け、清⽔監督の演出⼿腕を絶⼤な信頼を寄せている。


今回の⽇本版リメイクについてオリジナル版とは違った作品になることを期待していたというナタリ監督は、その点についても「私が観たいのは、“あなたの”『CUBE』なんだ︕」と⼒説すると同時に、「とても⼤変なことだと思うけど、『CUBE』に閉じ込められた⼈が必死に脱出しようとするように、あなた⾃⾝が持てる⼒の全てを出し切って、この挑戦の果てに⽣き残れると信じているよ︕」とリメイク作品を作ることの難しさも伝えつつも、清⽔監督ならきっと乗り越えられると伝えた。最後に「『CUBE』があなたに素晴らしい経験をもたらす事を祈っているよ︕あなたを信じている︕ガンバッテネ︕」と、⽇本語を交えて熱く激励した。




また、本作で使⽤された撮影セットの制作過程を収めた写真も特別に解禁された。オリジナル版では予算の都合上、⼀部屋分のセットしか制作されなかったが、本作は隣と真上の部屋も制作。これによりオリジナルでは成し得なかった、あらゆる⾓度からの撮影と「CUBE」間の⼀連での移動撮影が実現可能に。


部屋の⼤きさという⾯でも、オリジナル版は⼀辺が約4.26mだったのに対し、本作は⼀辺が4.5mとスケールアップを果たしており、これについてはキャストの斎藤⼯も「⽇本版の『CUBE』はオリジナルよりも⼤きめで、閉鎖的なんだけど、どこか開放的でもある、⽇本独特の空間になっている」と語っている。また、オリジナル版では⾖電球で「CUBE」内の明かりを点灯していたが、本作の「CUBE」ではLEDを搭載し、タッチで照明の⾊をコントロール可能にし、「CUBE」の照明変更担当専属のスタッフがいたとのこと。



そして「CUBE」のデザインは存在⾃体の意味や概念を突き詰めたデザインを、実際に模型を造って繰り返し検証しながら作り上げていったが、オリジナル版のナタリ監督も⽇本版のデザインについて「オリジナルを踏襲しつつ、フラクタルをデザインに落とし込んでいるのが良かったよ︕」と絶賛している。オリジナルをリスペクトしながらも、⽇本独特の空間となっている今回の「CUBE」。物語やキャストの演技はもちろん、「CUBE」という空間そのものからも目が離せない。


今作の完成版を観たナタリ監督は「オリジナルと違ったものを作ってくれると思ったし、実際に違った作品になっていて、清⽔監督は本当に素晴らしい映画を作ったと思います︕」と期待に応えた清⽔監督の演出⼿腕を絶賛。


映画史的にも数々の作品に影響を与え続ける最重要作品であるオリジナル版『CUBE』を⽣み出した、あのヴィンチェンゾ・ナタリ監督も絶賛する『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』。清⽔監督の卓越した演出⼿腕によって作られたのは、⼀体どんな映画になっているのか。気になった方はぜひ、劇場に足を運んでみては。




■『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』
大ヒット公開中
配給︓松⽵株式会社
出演︓菅⽥将暉、杏、岡⽥将⽣、柄本時⽣、⽥代輝、⼭時聡真、斎藤⼯/吉⽥鋼太郎
(C)2021「CUBE」製作委員会


    ニュース設定