「魔法使い黎明期」2022年4月スタート、キャストに梅田修一朗・岡咲美保ら

0

2021年10月29日 00:03  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真TVアニメ「魔法使い黎明期」ティザービジュアル (c)虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会
TVアニメ「魔法使い黎明期」ティザービジュアル (c)虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会
TVアニメ「魔法使い黎明期」が2022年4月よりTBSで放送決定。メインキャストとして梅田修一朗、岡咲美保、鈴代紗弓、八代拓が出演する。

【大きな画像をもっと見る】

「魔法使い黎明期」は「ゼロから始める魔法の書」の虎走かけるによる小説シリーズ。500年間対立していた教会と魔女の和平が成立して数年後の世界を舞台に、王立魔法学校に通う落ちこぼれの少年・セービルの成長が描かれる。アニメでは主人公のセービルを梅田が演じるほか、“ロス先生”こと何百年と生きる“黎明の魔女”ロー・クリスタス役に岡咲、魔法学校の優等生・ホルト役に鈴代が決定。同じく魔法学校の生徒で、トカゲと人間の間のような姿である“獣堕ち”のクドー役を八代が演じる。メインキャラクター4人が敵に立ち向かう場面を描いたティザービジュアルも公開された。

アニメーション制作は手塚プロダクション、監督・シリーズ構成は「カノジョも彼女」や「五等分の花嫁」で監督を務めた桑原智が担当。キャラクターデザインを岩崎令奈が務め、“文芸”として原作者の虎走、森田眞由美がクレジットされている。

虎走、原作のイラストを手がけるいわさきたかし、月刊少年シリウス(講談社)でコミカライズを連載中のタツヲからは、TVアニメ化を記念したコメントやイラストが到着。また4人のキャストからも作品や演じるキャラクターの印象、意気込みを語るコメントが届けられている。なお「魔法使い黎明期」の公式Twitterでは、担当キャストのサインが入ったキャラクター色紙のプレゼントも行われる。



■ 梅田修一朗(セービル役)コメント
□ 作品の印象
ロス先生とホルトに一目惚れでした!
ロス先生と出会ったことで、ぼくの性癖が一つ増えてしまいました。
あと! セービルとホルトの関係がとても好きです。感情を上手く表せないセービルと感情豊かなホルトのふたりのやりとりは、ずっと見守っていたくなっちゃいます。アニメでもその様子をみられるのが本当に楽しみです。
世界観を引き継いだ新作ってやっぱりワクワクしますよね! 前作を知っていると、おお…!ってなるあの感覚…大好きです。

□ 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
初めてセービルをみたとき、表情が印象的でした。人は見た目では判断できないけれど、内面は少なからず表情に表れると思うので、彼自身のことが自然と気になりました。物語を読んだいまでは、愛おしいキャラクターです。
セービルは自分のことも、周りのこともよく知らない。そんな彼が、ロス先生やホルトとクドーと一緒に過ごしていくことで少しずつ変わっていく様子を大事に演じられたらと思っています。そして、ここぞというときのセービルも、しっかり魅せられように頑張ります!!

■ 岡咲美保(ロー・クリスタス役)コメント
□ 作品の印象
キャラクターデザインが可愛く、コミカルなシーンも多いのですが、それぞれのキャラクターが本当にカッコいいです。どのキャラクターの目線に立っても志や喜び、時には苦しみを感じられるんです。感情移入して一気に読んでしまいました。
魔法や魔術のある世界の物語ですが、現代でも通ずる、人と人の縁の大切さや関わり方・心の開き方を、主人公のセービルくんを通して学べる教科書のような作品だと思いました!

□ 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
見た目がかわいい! そして超強い! 彼女の一番好きなところは愛情深いところです。退屈しのぎと言いつつも、確固たる愛で生徒たちを導く姿に惹かれます。戦闘で見せるカッコいい顔、ギャグシーンで見せるハチャメチャな顔、先生としての聡明さや器の広さ、300歳なのにちんまりとしているギャップも魅力的です。
相棒のルーデンスちゃんに私も認めてもらえるように、彼女を豊かに、自由に演じられるように頑張ります。愛する小鳥たちよ羽ばたけ!

■ 鈴代紗弓(ホルト役)コメント
□ 作品の印象
物語全体の面白さはもちろん、読めば読むほどキャラクター達の魅力も引き出されており、みんながこれからどんな風に成長していくんだろう…!と、時間を忘れて読んでいました。また、今回出演させていただくにあたり「ゼロから始める魔法の書」も合わせて拝見させていただいたのですが、これは…アニメ楽しみだぞぉと、今作に関わらせていただける嬉しさを噛み締めつつ、一ファンとしてもワクワクしました。

□ 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
最初ホルトちゃんを見た時は、元気で笑顔が似合う、居るだけでパッと周りが華やかになるような、そんな明るい印象を受けました。ですが読み進めていくにつれ、その明るさや笑顔には意味があることを知り、さらに彼女のことを愛おしく感じました。ホルトちゃんの魅力をアニメでも最大限お届けできるよう、精一杯演じさせていただきますので、宜しくお願い致します!!

■ 八代拓(クドー役)コメント
□ 作品の印象
魔法という大きなキーワードをもつ世界観があり、その中に潜んでいる正義や種族の違いによる対立、深まっていく関係性にとても心を動かされました。本筋のディープなストーリーはもちろん、ところどころにでてくるポップなシーンもホッとさせてくれて好きな要素です。

□ 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
クドーは正義感が強く、自分の気持ちに素直なキャラクターだなと思います。しかしそれらを上手く相手に対して表現できない不器用さがあり、それが彼の魅力にも繋がっていると感じます。また、過去の出来事が彼にとっての大きなコンプレックスになっていますが、それが今の彼の生きる目的を作っているのだとも思います。演じられることが嬉しいです、精一杯頑張ります。

■ 虎走かける(原作者)コメント
「作家人生でもう一回アニメ化できたら、思い残すことはないなぁ」という夢をぼんやりと抱いていたんですが、かなってしまったので思い残すことが無くなってしまいました。
イラストレーターのいわさきさんからロス先生のキャラデザをいただいたとき、「このキャラクターが動いて喋ったら最高にかわいいだろうなぁ」と思ったことをよく覚えています。
しかし実際にアニメ化が決まってみると「アニメで動かすにはヒラヒラが多すぎない!? 大丈夫!? アニメーターさん死んじゃわない!?」と不安に打ち震えるばかりですが、今から放送が楽しみです!

■ いわさきたかし(原作イラスト担当)コメント
『魔法使い黎明期』アニメになります!
『ゼロから始める魔法の書』のしずまさんから引き継いで、
「自分にできるかな」と不安に思う部分もありましたが、なんとかここまでこられました。
すべて担当さんやタツヲ神、関係者の方々のご尽力の賜物であり、
なによりファンの皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます。
嬉しく思うのと同時に、とてもホッとしております。
『ゼロの書』ではコミカライズ作家として参加した世界に、
『黎明期』では原作イラストレーターとして参加するのは不思議な気持ちでしたが、
虎走さんの作品に関われた事をとても幸運に思います。
動いて喋るロス先生達をよろしくお願いしまうぇーい! アニメ化やったー!!!!!!

■ タツヲ(コミカライズ担当)コメント
アニメ化がほぼ決まりましたと聞いた日はドキドキとワクワクでなかなか寝つけませんでした。
ロス先生をアニメーションで見れる! 漫画で描くのも大変なロス先生が動いて喋るなんて凄いことです。
クドーの鱗の色が変わる感じもアニメだと映えるだろうな〜。
キャラクター、世界観、ストーリー、どれを取っても魅力的な作品ですので、
コミカライズ担当としても原作ファンとしても、アニメでのセブ君たちの活躍が今からとても楽しみです!

■ TVアニメ「魔法使い黎明期」
□ 放送情報
TBS:2022年4月放送開始

□ スタッフ
原作:虎走かける『魔法使い黎明期』(講談社ラノベ文庫)
キャラクター原案:いわさきたかし
監督・シリーズ構成:桑原智
文芸:虎走かける / 森田眞由美
キャラクターデザイン:岩崎令奈
美術設定:西田稔
色彩設計:油谷ゆみ
編集:内田渉(コンクエスト)
音響監督:本山哲
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
アニメーション制作:手塚プロダクション

□ キャスト
セービル:梅田修一朗
ロー・クリスタス:岡咲美保
ホルト:鈴代紗弓
クドー::八代拓

    オススメゲーム

    ニュース設定