長澤まさみ、フリマで“資源循環”の未来を予測 皆川猿時&パックンとコミカルな掛け合いも

0

2021年10月29日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真クボタ新CM『クボタが描く未来 ディープリサイクル技術』篇に出演する長澤まさみ
クボタ新CM『クボタが描く未来 ディープリサイクル技術』篇に出演する長澤まさみ
 女優の長澤まさみが、30日より放映スタートとなる『クボタ』の新テレビCM『クボタが描く未来 ディープリサイクル技術』篇に出演している。

【動画】個性派俳優・皆川猿時と絶妙な掛け合いを披露した長澤まさみ

 CMでは同社が描く「未来」と、その実現に向けた取り組みを紹介している。農業の未来を見据えたコンセプトモデル「完全無人電動トラクタ」、空気環境の未来に向けた「大空間ピュアウォッシャー技術」に続き、今回のCMでは「資源循環型社会」の実現に向けて開発が進む「ディープリサイクル技術」が登場する。

 今回の舞台は、とあるフリーマーケット。威勢よく客を呼び込んだ出店者(皆川猿時)を眺める隣の出店者(長澤)は「そのお客、文句言う」とポツリ。すると、一人の客が商品を手に取るなり「 これゴミじゃね(笑)」と心無い言葉を投げ掛ける。面食らった皆川に、長澤は「落ち着いて。隣の人が反論する」と予想する。その直後、別の来店者(パックン)が「いや、全部大事な資源だよ」と反応。続けて、長澤が「からの問題提起」とつぶやくと、パックンは「ゴミという概念を無くさないと」と語り始める。

 そこで、長澤が立ち上がり「大丈夫、それクボタがやる!」と叫ぶ。「クボタがやる」とは廃棄物の破砕・選別・焼却・溶融などのトータルソリューションで、資源循環を促進する同社の「ディープリサイクル技術」のこと。廃棄物を安全に処理するだけでなく、これまでリサイクルできなかった廃棄物からも資源回収を可能とすることで、資源を無駄にしない「資源循環型社会」の実現に取り組んでいる。

 同社は、急激な産業発展と都市人口の増加に伴い、環境汚染問題が顕在化した1960年代以降、下水処理に加えて、廃棄物を高度な技術で破砕・選別するシステムや、日本特有のごみの性質に対応した焼却装置、1300度の高温で焼却灰・飛灰などを溶かす溶融炉など、幅広い領域で社会課題の解決に取り組んできた。

 特に、独自の「回転式表面溶融炉」は、廃棄物から金や銅などの有価金属を、下水汚泥からは動植物の成長に欠かせないリンを回収し、肥料としての再利用の実現に取り組むなど、新たな技術開発を進めている。同社は、これまで培った実績とさらなる技術開発によって「サーキュラー・エコノミー(循環型社会)」の実現に貢献していく。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定